文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題 Topics

9/27

茨城県八千代町

■叙勲瑞宝双光章を受賞
▽学校薬剤師として教室等の環境維持に貢献
3月10日、榎本一郎さん(本田)が高齢者叙勲で瑞宝双光章を受賞し、榎本さん宅で受賞伝達が行われました。榎本さんは長きに渡り学校薬剤師として務め、教室の環境衛生の維持等に貢献しました。一郎さんは2月25日に亡くなったため、長男の哲朗さんが代理で伝達を受けました。

■小学校の児童・教職員に向けて
▽子どもたちのためにマスクを寄贈
3月11日、鈴木きみいさん(村貫西)から町内の全小学校に手作りマスクが寄贈されました。鈴木さんは2カ月かけて作った1245枚のマスクを荒巻英栄校長会長(西豊田小)へ手渡しました。また、4月5日に新1年生用にと手作りマスクを193枚寄贈されました。

■外国人との共生のために
▽女性農業士との農政懇談会を開催
3月17日、外国人技能実習生についての意見交換を目的として、町と女性農業士との農政懇談会が開催されました。当日は、実習生と農業に携わる町内の女性農業士5人が参加し、新型コロナウイルス感染症の影響を含めた実習生の現状について活発な意見交換が行われました。

■子どもたちの安全安心のために
▽常陽銀行が新小学1年生に防犯ブザーを寄贈
3月25日、(株)常陽銀行八千代支店から町内の新小学1年生の皆さんに防犯ブザーが寄贈されました。菊地功二支店長から、野村町長と赤松教育長に180個の防犯ブザーが手渡され、赤松教育長は「子どもたちが安心して登下校できるのでありがたいです」と感謝を述べました。

■子どもたちの学習を支援
▽八千代一中へテレビを寄贈
3月30日、(株)川村産業(川村幸子代表取締役)が常陽銀行の未来の夢応援債事業を活用し、八千代第一中学校(高橋長男校長)にテレビ1台を寄贈しました。川村産業の川村孝会長は「母校に貢献できて嬉しく思います」と話し、高橋校長は「大切に使わせていただきます」と感謝を述べました。

■これからのまちづくりのために
▽マスタープランの改定案の答申書を提出
4月7日、八千代町都市計画審議会(生井和巳会長)から野村町長へ、八千代町都市計画マスタープランの改定案についての答申書が提出されました。当日は、役場町長室で生井会長から答申書が手渡され、野村町長は「今後のまちづくりの参考にさせていただきます」と話しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU