文字サイズ
自治体の皆さまへ

【国保情報えがお】ご存じですか? ジェネリック医薬品

19/29

茨城県大子町

■新薬(先発医薬品)の特許期間が切れた後に発売される、同じ有効成分を同量含み、同等の効き目があると認められた医薬品をジェネリック医薬品といいます。

☆薬の有効性や安全性はすでに認められたものです。
先発医薬品と薬の主成分が同じなので、効能・効果に変わりはありません。

☆先発医薬品より安価な価格が設定されています。
開発や研究にかかる時間やコストが少ないので、その分安価になります。

※すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありません。
まずはお医者さん・薬剤師さんに相談してみましょう。

■思い当たることはありませんか?重複服薬
重複服薬とは、同じ効能の薬を複数の医療機関で処方されて服用することです。重複服薬は、体への負担はもちろん、自分が支払う医療費(薬代)の負担が大きくなります。
重複する薬を減らすことで、体の負担も医療費の負担も減らすことができます。
薬との付き合い方について、かかりつけ医、かかりつけ薬局(薬剤師)に相談してみましょう。

問合せ:町民課 国保年金担当
【電話】76-8125

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU