文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域おこし協力隊 活動報告 vol.86

13/21

茨城県大子町

県が委嘱する協力隊員として大子町に移住し、町内で活動している地域おこし協力隊員から、現在の活動について報告します。

■KENPOKU PROJECT Eとは
茨城県北地域(日立市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・常陸大宮市・大子町)において、首都圏等を中心とした地域外からの新しい視点で、地域課題の解決や地域資源の活用につながるビジネス等に取り組み、最長3年間でそのビジネスによる地域経済の発展や地域の活性化に寄与することを目指したプロジェクトです。現在、8人の協力隊員が大子町に移住し、活動しています。

■最高の水と空気。最高の農業を。
隊員氏名 磯崎正太
KENPOKU PROJECT E のメンバーとして今年4月に大子町に移住してきました磯崎正太です。
最近話題に取り上げられることもある「昆虫食」。わたしは昆虫の産業利用を目指し、研究・開発を行ってきました。人間の食用ではなく、家畜の餌として実用化を考え、「ニワトリ農家になってみよう!」と一念発起し、近所の養鶏所で働き始めてみると、今までになく楽しく仕事が出来ることに驚き、農業は自分の天職であると感じました。
現在、大子町で奥久慈しゃもの生産農家になるため、日々を農作業と共に過ごしています。
多くの人が大子町で豊かに暮らすために農林業・エネルギー・新産業・サービスを絡めた事業に挑戦していきたいと思います。

問合せ:茨城県政策企画部県北振興局
【電話】0294-80-3315

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU