文字サイズ
自治体の皆さまへ

日本年金機構からの お知らせ

6/24

茨城県守谷市

■令和2年分公的年金等の源泉徴収票を発送
1月中旬から下旬にかけて日本年金機構から順次発送される予定です。
「令和2年分公的年金等の源泉徴収票」とは?
令和2年中に年金を受け取った方へ、令和2年分として支払われた年金の金額や源泉徴収された所得税額、年金から特別徴収された保険料額などをお知らせするものです。「公的年金等の源泉徴収票」は、確定申告などの際に必要となります。
なお、障害年金や遺族年金は所得税が非課税のため源泉徴収票はありません。

■新成人の皆さんへ!「20歳になったら国民年金」
20歳以上60歳未満で国内にお住まいの方は、国民年金に加入し、保険料を納める義務があります。国民年金は、高齢になったときや病気やけがで障がいが残ったとき、家族の働き手が亡くなったときに、世代みんなで支えようと作られた仕組みです。20歳になったら、忘れずに国民年金の保険料を納めましょう。

○国民年金の加入に手続きが必要なの?
手続きは不要です。
日本年金機構から「納付書」とともに、「国民年金加入のお知らせ・国民年金の加入と保険料のご案内・免除申請書・学生納付特例申請書・返信用封筒」が送付されます。
年金手帳は、後日、日本年金機構から郵送されます。

○保険料が支払えないときにはどうするの?
「学生納付特例制度」や「納付猶予・免除制度」がありますのでご相談ください。
これらの制度の適用を受けるには申請が必要ですので、詳しくはお問い合わせください。
※保険料を未納のままでいると、将来年金の給付を受けられない場合があります。

問合先:
・土浦年金事務所【電話】029-825-1170
・市役所国保年金課 国保年金G 内線107
・(源泉徴収票の再交付)ねんきんダイヤル【電話】0570-05-1165

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU