文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康・医療

5/14

茨城県常総市

■ドック検診助成券の申請締切期限が迫っています(国保・後期高齢者)
申請期限:12月28日(月)まで
※期限を過ぎての申請はできませんので、期限内に申請してください。
※助成金の償還払いはできません。
助成期限:3年3月26日(金)検診分まで
助成額:[人間ドック]20,000円 [脳ドック]30,000円(脳ドックの助成は隔年になります)
※対象者・申請方法・申請場所は、「2年度 常総市健康カレンダー 保存版」をご覧ください。

問合せ:
[国保の方]保健推進課【電話】23-3111
[後期の方](水)健康保険課【電話】内線1250

■国民健康保険・茨城県後期高齢者医療の傷病手当金支給について
新型コロナウイルス感染症に、感染または感染が疑われ、療養のために労務に服することができなかった国民健康保険・茨城県後期高齢者医療の被保険者の方で、被用者の方(個人事業主は対象になりません)は、一定の要件を満たしている場合に、傷病手当金の支給を受けることができます。対象の期間は、2年1月1日~12月31日の間に労務に服することができなかった期間になります。詳しくは、電話でお問い合わせください。

問合せ:
[国保の方](水)健康保険課【電話】内線1210
[後期の方](水)健康保険課【電話】内線1250

■財布にやさしい健康生活
○薬を正しく使いましょう
薬の飲み合わせによっては、副作用が出ることがあります。万一の服用ミスを防ぐほか、重複投与による無駄な出費を抑えるためにも「お薬手帳」を1冊にまとめ、医師や薬剤師に相談しましょう。

○接骨院・整骨院に正しくかかりましょう
ケガなどで施術を受ける場合、保険が使えるのは外傷性の負傷に限られ、内科的原因によるものや慢性的な症状などでは使えませんので、負傷の原因は正確にきちんと伝えましょう。

○ジェネリック医薬品を活用しましょう
新薬と同じ有効成分で開発されているのが、ジェネリック医薬品です。安い価格で提供されますので、患者負担の軽減や医療保険財政の改善を図るため、ジェネリック医薬品使用について、医師や薬剤師に相談してみてください。

○1年に1回は健康診査を受けましょう
病気などは早く発見することで、より効果的に治療できるため、体にも経済的にも負担が少なくなります。

問合せ:(水)健康保険課
【電話】内線1212

■献血を実施します
大切な命を救うのは、皆さんの善意です。献血のご協力をお願いします。

日時:12月23日(水)10時~11時30分、12時30分~16時
場所:市役所石下庁舎

問合せ:保健推進課
【電話】23-3111

■医療機関検診について(乳がん・子宮がん・胃がん・大腸がん)
医療機関検診の助成期限を1月31日(日)に延長
しました。※申請期限は12月28日(月)です。
※今年度、すでに集団検診などで受診された方は受けられません。
※一部、助成期限の延長に対応していない医療機関もありますので、医療機関へ予約する際に確認してください。
※無料クーポン券(子宮頸がん検診21歳、乳がん検診41歳)についても、1月31日(日)まで使用できます。

○医療機関検診の受け方
(1)医療機関に予約をする。
(2)保健推進課(保健センター内)または(石)暮らしの窓口課で申請をし、受診券を受け取る。
※郵送希望の場合は、予約日の2週間前までに保健推進課へお申し込みください。なお、受診券発送は12月28日(月)が最終日となります。
(3)受診券・検診費用などを持参の上、予約した医療機関で、検診を受ける。

申込み・問合せ:保健推進課
【電話】23-3111

■任意予防接種協力医療機関追加のお知らせ
下記の医療機関で、おたふくかぜと小児インフルエンザの予防接種の費用助成ができるようになりました。

○みらいの森キッズクリニック
【住所】つくばみらい市富士見ヶ丘1丁目24-5
【電話】21-9342

問合せ:保健推進課
【電話】23-3111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU