文字サイズ
自治体の皆さまへ

常陸太田市のお財布事情(1)

5/26

茨城県常陸太田市

市では毎年2回、財政状況について公表し、市民の皆さんが納めた税金が、どのように使われているのかをお伝えしています。今回は常陸太田市の平成30年度決算の概要と令和元年度予算の執行状況をお知らせします。

■平成30年度決算の概要
市の財政は大丈夫?
今のところ健全に運営していますが、決して余裕があるとは言えません
自治体の財政状況を示す「健全化判断比率等」は健全な数値ですが、市税などの自主財源が少なく、地方交付税や国県支出金などの依存財源に頼っている状況です。

▽健全化判断比率等(平成30年度決算)

*これらの基準を超えると健全化に向けた取り組みが必要になります。

▽財政力指数 0.42
標準的な行政サービスをするためのお金を、自ら賄える割合
*県内32市中32位(県内市平均0.71)

▽経常収支比率 92.7%
市債の返済など義務的な経費に、市税など経常的な財源が充てられる割合
*県内32市中18位(県内市平均92.0%)

■市の貯金や借金は?
貯金(基金)は微減、借金(市債)は年々減少
市の一般会計に係る「貯金(基金)」の残高は、平成29年度に引き続き減少となり、前年度と比べ6億3,642万円減りました。「借金(市債)」は年々着実に減少しており、前年度より5億7,974万円減りました。今後も財政状況を考慮しながら運用していく必要があります。

■今後の見通しは?
歳入増はあまり見込めず、節約が必要です
人口減少などにより、市税の増収は見込めず、地方交付税も減額になっている中で、高齢化に伴う医療や福祉などにかかるお金、施設の老朽化に伴う維持・更新、道路の整備などにかかるお金などが増える見込みです。限られた財源を効率的・効果的に使っていく必要があります。

■一般会計
歳入から歳出を引いた収支6億9,879万円のうち、3億8,362万円を令和元年度に繰り越し、3億1,517万円を貯金しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU