ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

市政情報《農政》

10/32

茨城県稲敷市

■いなしきふれあい農園
利用者募集

稲敷地内の2つのふれあい農園は、随時利用者を募集しています。希望される方は、印鑑をお持ちのうえ、農政課窓口で申請してください。
利用期間:毎年4月1日~翌年3月31日(延長可能、年度途中からの申し込みも可能)
施設設備:水道、農具

▽えどさきふれあい農園
場所:沼田(沼里小学校前)
区画数:130区画(1区画25平方メートル)
利用料金:1区画当たり2,400円(年度途中からの場合は、月割)

▽しばさきふれあい農園
場所:柴崎(いなのすけ市場前)
区画数:60区画(1区画100平方メートル)
利用料金:1区画当たり4,200円(年度途中からの場合は、月割)

問合せ:稲敷市農政課
【電話】029-892-2000(内線2313)

■農地中間管理事業
みなさんの農地を活かしましょう

農地を貸したい方や耕作する担い手(借り手)が見つからない方などの相談を受けて、所有者がお持ちの農地を県の農地中間管理機構が一旦お借りして担い手(借り手)を探します。
利用することによって、直接担い手(借り手)を探す煩わしさや、耕作放棄地になってしまうなど農地に対する不安を解消できます。
農地の貸し出し、借り受けをお考えの方は、農政課までご相談ください。
※ただし、事業を活用して貸し出しできる農地には一定の条件がありますので、全ての農地を貸し出しできるとは限りません。

▽事業を活用した場合の助成金制度
農地中間管理機構に農地を貸し出した場合に、一定の要件を満たせば個人や地域に対して助成金を交付します。
助成金は、それぞれ要件が異なり重複はできません。(地域集積協力金・経営転換協力金など)
要件(原則):
・前年まで自作していた農地
・所有地に耕作放棄地(遊休農地を含む)を持っている場合は、対象外

問合せ:稲敷市農政課
【電話】029-892-2000(内線2312)

■農業支援
補助制度のお知らせ

新規の農業経営や耕作放棄地対策支援として補助金を交付します。各補助金の詳細については、農政課にお問い合わせください。

▽耕作放棄地再生事業補助金(新規)
耕作放棄地の解消と農地の維持を図るため、再生可能な荒廃農地の再生作業の経費を助成します。
対象農地:農振地域内で新たに取得又は賃借等する再生可能な荒廃農地
対象者:市内在住で再生後の農地を5年以上耕作する農業者等
補助金額:4万円/10aを上限に事業費の1/2以内の額

▽新規就農者育成支援補助金(継続)
担い手の確保と育成を図るため、新たに農業経営を始める新規就農者を支援します。
対象者:市内在住で18歳~59歳の自営の新規就農者
補助金額:5万/月を上限に最長36カ月

▽新規就農者農業用機械購入補助金(新規)
担い手の確保と育成を図るため、農業経営の確立を目指す新規就農者の農業用機械購入費用を助成します。
対象農機具:農業用機械で農作業以外への汎用性が低いもの
対象者:新規就農者育成支援補助金を受けている者
補助金額:50万円を上限に経費の1/2以内の額(一人一回限り)

問合せ:稲敷市農政課
【電話】029-892-2000(内線2312)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU