ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

笠間市国際交流員イアンズビューvol.13

20/25

茨城県笠間市

■Rice Fields Forever
日本に訪れる私のような外国人にとって、「日本=田んぼ」というイメージがあります。アメリカの田舎の風景は、ほとんどがトウモロコシ畑や牧場なので、田んぼの風景は馴染みがなく、珍しいものです。私は、電車や自転車から見た田んぼが広がっている笠間市の景色が、日本らしさで溢れていてとてもお気に入りです。その田んぼで、田植えや稲刈りができたことはとても嬉しい体験でした。
田植えでは、機械を使い、規則的で綺麗な列で苗を植えたことに感動しました。私の仕事は、機械が回転した所の土をならし、機械で植えられなかった角の所に手で苗を植えることでした。慣れない作業でしたが、試行錯誤を繰り返し、スムーズに作業を進められるように努めました。そして、みんなと共に汗を流した後、田んぼ道で休憩して食べたお弁当は、達成感で今までになく美味しく感じました。
また、農業は家族や隣人、コミュニティーで助け合いながらやるもので、「お米はみんなの協力があってこそできるもの」と感じました。人と人の繋がりを大切にする〝協調性〞は、日本文化のすばらしい特徴です。田植えをしたことで日本文化や日本の風習に触れることができ、貴重な一日でした。
実は、こうした農業体験やホームステイは外国人の観光客に人気があります。私を含めた外国人は純粋に日本の人と触れ合ったり、日本のことが知りたかったりして、日本を訪れます。ぜひ、このような体験を待ち望んでいる外国人をたくさん迎え入れて、自然や文化などの魅力を伝えてほしいです。

問い合わせ:市民活動課
【電話】内線133

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU