ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「住宅用地に対する課税標準の特例措置」について

9/38

長野県白馬村

固定資産税には、税負担の軽減を目的とした「住宅用地に対する課税標準の特例措置」があります。この特例措置は居住専用の家屋が建つ「土地(宅地)」が対象です。特例措置を正しく適用するために、土地や家屋の状況に変更があった場合は、申告をお願い致します。

■申告を要する事例
(特例が適用されるケース)
・宅地に住宅を新築した場合
・宿泊施設・店舗・事務所として使用されていた家屋を住宅として使用する場合
・空き家に引っ越してきた場合(特例が解除されるケース)
・住宅を取り壊した場合
・住宅を簡易宿所等営業施設へ用途変更する場合
・引っ越しにより空き家になる場合

■申告及び特例が適用される時期
申告は白馬村役場税務課にて随時受け付けていますが、特例が適用または解除されるのは翌年度からになります。なお、申告が1月31日を過ぎた場合は翌々年度からになりますのでご注意ください。
また、村でも適正課税の確認を随時行っており、特例の適用対象となる事実または特例の適用が解除される事実を把握した場合はご本人の申告の有無に因らず見直しを行う場合があります。

特例措置についてご不明な点、ご相談は税務課固定資産税係までご連絡ください。

お問合せ:白馬村役場 税務課 固定資産税担当
【電話】0261-85-0712

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU