文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康づくりだより 9/24~9/30は結核予防週間です

11/33

長野県白馬村

「結核は昔の病気」と思われがちですが、世界では総人口の約4分の1が結核に感染しており、最大の感染症のひとつです。医療や生活水準の向上により、薬を飲めば完治できる時代になりましたが、今でも1日に35人の新しい患者が発生し、5人が命を落としています。

■結核ってどんな病気?
結核とは、結核菌によって主に肺に炎症が起きる病気です。
こんな症状があるときは、早めに受診しましょう。「痰の絡む咳」「微熱」「身体のだるさ」が2週間以上続いている

◇発病の危険が高いのは…
喫煙習慣がある人、結核高蔓延国から来た外国出生者、糖尿病の人、HIV感染や免疫の弱い人、人工透析を受けている人、ステロイドホルモンを使用している人など

最初は風邪に似た症状から始まります。特に高齢者の方は、症状が出なくても毎年、胸部X線検査を受けましょう。

健康であれば、免疫の働きによって結核菌を抑え込むことができるため、感染しても全ての人が発症するわけではありません。病気などで免疫力が落ちると、抑え込まれていた結核菌が再び活動を始め、発病する可能性があります。

◇どうしたら予防できるの?
健康的な生活が免疫力を高め、結核の予防に繋がります。

抵抗力の弱い赤ちゃんは、結核に感染すると重症になりやすい。予防にはBCG接種が有効です。

◇結核になったらどうするの?
結核と診断されても、6~9カ月間、毎日複数の薬をきちんと飲めば治ります。
しかし、症状が消えたからといって治療の途中で服薬を止めてしまうと完全に治りきらず、菌は抵抗力をつけ、薬が効かない耐性結核菌を作り出してしまう危険性があります。
それを防ぐため、入院中も退院後も医療機関と保健所が協力して服薬を見守るDOTS(ドッツ)という仕組みがあります。薬の管理が苦手な方も安心ですね。
・適度な運動
・十分な睡眠
・バランスの良い食事
・タバコを吸わない
・定期健診

お問合せ:白馬村役場 健康福祉課
【電話】0261-85-0713

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU