文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域医療福祉ネットワークの窓

4/45

長野県須坂市

身近で相談しやすい「かかりつけ医」、「かかりつけ歯科医」、「かかりつけ薬局」を持ちましょう

【かかりつけ医とは】
日頃から患者の病歴や健康状態など生活背景を把握し、診療のほか患者やその家族の健康管理のアドバイスなども相談できる身近な医師のことです。
日頃の健康状態を把握しているかかりつけ医がいることで、医療面で早めの対応ができたり、自己判断による受診控えによる重症化などを防げます。
インフルエンザと新型コロナウイルスが同時に流行した場合など、自院も含めどこで診療や検査が受けられるか教えてもらえたり、専門的な検査や治療が必要になった場合にも、症状に適した専門医療機関を紹介してもらうことができます。

【かかりつけ歯科医とは】
定期的に歯科健診を受けるなど、歯の健康を守るために、いつでも気軽に相談できる歯科医師のことです。
在宅医療を受けていて歯医者へ行くのが難しい場合にも、かかりつけ歯科医に相談すると往診に応じてもらえたり、訪問診療を行っている歯科医を紹介してもらえます。

【かかりつけ薬局とは】
薬や健康のことなど患者のニーズに沿った相談に応じることのできる薬局のことです。
飲み残しの薬の確認や引き取り、重複している薬の有無、最適な組み合わせなどを教えてもらえたり、飲みにくい薬を液剤にすることや飲む回数を相談することができます。
外出が難しい高齢者などの自宅へ訪問して、薬の説明や飲み残しの薬の確認といった在宅医療のサポートをしてもらえます。
※かかりつけ薬局に行くときには、必ずお薬手帳を持参しましょう。薬剤師はこの手帳から、これまで処方された薬の記録などを確認します。もしも災害が起こり避難することになったらお薬手帳も忘れずに携帯しましょう。
(お薬手帳に関しては、広報須坂2020年7月号12ページに関連情報が載っていますので、ご覧ください。)

問合せ:地域医療福祉ネットワーク推進室
【電話】026-248-9101

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU