文字サイズ
自治体の皆さまへ

竜ヶ池開池90周年

1/46

長野県須坂市

竜ヶ池が開池して今年で90周年を迎えます。
今年はコロナ禍ではありましたが、入園の際に、検温や手指消毒、マスクの着用など感染予防が行われ、開池90周年を記念して臥竜公園さくらまつりが、4月11日(日)まで開催されました。
1926(大正15)年に本多静六林学博士が「須坂町公園設計案」を作成され、1931(昭和6)年に竜ヶ池が完成しました。多くの方が訪れるように、サクラなどが池畔(ちはん)に植樹され須坂の景勝地としてより魅力的になりました。竜ヶ池築造開池30周年を記念して1962年に須坂市動物園が開園しました。
市内のみならず、市外県外からも多くの方が臥竜公園を訪れます。今回はどのようにして池ができあがっていったのかをご紹介します。

◆須坂町公園設計案
本多博士は、日本の公園の父と言われ、日比谷公園や明治神宮の森などの設計を手がけました。
「須坂町公園設計案」では、本多博士が「臥龍山公園」「鎌田山公園」「南原河沿公園」の三つのエリアの公園化を構想し、それぞれの公園の特徴を生み出す道路、施設・設備、自然を生かした植栽などを提案しています。
臥竜山公園では、低地に水をひいて一大池(龍の池)を作り遊船池を提案しています。下記の設計図では「龍の池」の畔(ほとり)にはサクラなどが植樹されています。
※設計図は広報紙面をご覧ください

◆竜ヶ池の築造
須坂は、明治・大正期から昭和初期にかけて製糸業が盛んでしたが、世界大恐慌により生糸の値段が暴落し、製糸業が衰退せざるをえなくなりました。また、須坂の耕地の60パーセントが桑園でもありました。
そんな中、1929年4月の須坂町議会で竜ヶ池築造が決定され、失業救済事業として1931年4月から工事が始まりました。
4月21日から着手し、毎日120~130人が働き、93日間で延べ人数6500人に達しました。

◆開池式
1931年7月23日付け須坂町報では、同日の開池式を伝えています。
北信の景勝地として一躍著名になった竜ヶ池の開池式では、祇園祭の中日の23日午後5時から三百余名を招待して盛大に行われました。
また、「須坂町公園設計案」には「低地一体には船遊場として一大池を掘り、これに観音山西方の畑中を流れる用水を分けて引き入れる」と提案してあり、屋形舟やボートが浮かぶようになりました。
当初は民間の竜ヶ池遊船所が運営していましたが、1935年から町営になりました。

◆花火大会
納涼花火大会は、1931年8月23日に竜ヶ池開池を記念し、弁天社月次例祭日に合わせて行われたのが始まりです。しかし、1937年から1947年までは戦争のため中断しましたが、1948年の祇園祭から復活しました。
防災上の理由から、1987年からは百々川河川敷に会場を移し、現在の「須坂みんなの花火大会」として7月に開催されています。

◆復旧
戦時中は、竜ヶ池は通水を中止し、池の桜並み木道端には大豆や馬鈴薯(ばれいしょ)などが植えられました。池の底が掘り荒らされ、荒廃した臥竜公園を復旧させるために工事が行われ、1949年5月27日には復旧工事竣工(しゅんこう)開池式が行われました。

◆須坂市動物園開園
1962(昭和37)年11月20日付けの須坂市報では、10月1日に竜ヶ池築造30周年を記念して須坂市動物園が開園したことを伝えています。
本来1年前の1961年が30周年になりますが、1959年に台風が襲来して大きな被害を受けたため、開園が1年延期になりました。
動物園の始まりは、1934年に池畔に小屋が建てられサルが飼われ、その後、シカ、リス、クマ、水鳥などが飼育され、動物園としても人気を集め、1958年に竜ヶ池築造30周年事業として須坂市動物園が構想されました。
また、下の写真は1962年2月のもので、竜ヶ池一面が凍り、子どもたちがスケートを楽しんでいます。
※写真は広報紙面をご覧ください

◆信州須坂大菊花展
毎年10月下旬から11月中旬に色とりどりの菊500鉢以上が竜ヶ池周辺に並びます。この菊花展は県下最大級で、秋の風物詩にもなっています。
須坂菊愛好会によりますと、最初は別の場所で開催していましたが、信州須坂大菊花展実行委員会の皆さんのより集客を図りたいという思いと、秋にも臥竜公園の観光振興を図りたいという目的が合致したため、1987年から臥竜公園で行われるようになりました。また、4万人以上の来場があります。

◆遊びに来てください
実業家の前澤友作様からのふるさと応援寄附金を活用して足こぎボード1せきを購入させていただきました。また、足こぎボート6せきもリニューアルしました。ボートを乗りに遊びに来てください。手こぎボートもあります。
※写真は広報紙面をご覧ください
営業日:5月から11月3日(水)の土・日曜日・祝日のみ営業します。
営業時間:午前9時~午後4時30分(発券は午後4時まで)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU