ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

【信州防災まったなし】100年に1度を超える日は、明日かもしれない。

1/5

長野県

【御嶽海の防災四十八手】
100年に1度とも言われる猛烈な雨により、多くの被害をもたらした令和元年東日本台風。
世界規模で異常気象が確認される今、水害への備えは、まったなしです。
今号の特集では、命を守るために必要な知識を相撲の決まり手風にまとめた「防災四十八手」を紹介します。

◆心構え篇
◇決まり手1 まさかだめ
「自分にはまさか起きないだろう」その考えが一番危険であると心得るべし。

◇決まり手2 決めつけいらず
「いままでは大丈夫だった」という決めつけが命とりになることを心得るべし。

◇決まり手5 よこづながり
普段から、横(ご近所)とのつながりを持つことが、災害時の助け合いにつながると心得るべし。

◇決まり手6 せいじょうせいばいあす
災害に直面すると危険を過小評価しがち。大丈夫だと思っても、警戒レベル4で避難すると心得るべし。
※正常性バイアス:自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価してしまう人の特性のこと

◇決まり手7 薄(うす)いもきけん
ハザードマップで他より色が薄いからといって安心してはいけない。色がついている時点で避難する必要があると心得るべし。

◇決まり手8 はんぶんいじょう
はん濫危険情報(警戒レベル4相当)は、発表されると50%以上の確率で災害が起こることを知っておくべし。
※令和元年:はん濫危険情報28回→災害発生16回

◆日頃の備え篇
◇決まり手14 どこへひなん
避難先は人それぞれ。自治体指定の避難場所に限らず、安全な場所に住んでいる親戚や友人宅も避難先として検討すべし。

◇決まり手18 くるまもこうほ
親戚、友人宅等への避難が難しい場合、車で安全な場所へ避難することも検討すべし。

◇決まり手20 三日すとっく
水や食料などの備蓄品は最低三日分はストックすべし。

◇決まり手21 ささえあいまっぷ
独居の高齢者、障がい者などは、地域のみんなで助けよう。「災害時住民支え合いマップ」を作るべし。

◇決まり手22 ひなんげいこ
夜間や降雨時の避難は用水路などに落ちる危険も。家族で散歩がてら避難経路を確認しておくべし。

◇決まり手24 きめかぞく
災害時の集合場所、貴重品や備蓄品などの保管場所を、家族の間で決めておくべし。

◆有事の対応篇
◇決まり手35 三はやにげ
高齢者や乳幼児などのいる世帯は、警戒レベル3で、他の人より早めに危険な場所から避難すべし。

◇決まり手36 四そくにげ
警戒レベル4は、命に係わる危険な状況。危険な場所にいる人は全員避難。すぐに避難すべし。

◇決まり手37 やんでもさいがい
上流で増えた水が下流に到達するまで時間差がある。雨がやんでも注意すべし。

◇決まり手38 ひもぐつ無双(むそう)
避難するときは、長靴やサンダルは危険。脱げにくいひも靴を履くべし。

◇決まり手39 ひるにげまさり
夜になってからの避難は危険。なるべく明るい時間に早めに行動を開始すべし。

◇決まり手41 こまごすくい
あなたが逃げないと、あなたを助けに来る、子どもや孫、救助隊員などの命を危険にさらす。逃げて多くの命を救うべし。

◇決まり手42 きんじょすくい
あなたの「一緒に逃げよう」の一言で近所の人の命を救うべし。

いかがでしたか?
事前に災害に備えておくことが、命を守るために最も重要です。
自分や大切な方の命を守るために、この後、即、ハザードマップを確認すべし!
※ハザードマップはお住まいの市町村のホームページでご確認ください。

四十八手の残りの決まり手は特設ホームページでご覧いただけます。
【HP】https://www.shinshu-bousai48.jp

■避難場所での感染症対策について
避難場所では、新型コロナウイルス感染症等の感染症対策として、換気、手洗い、咳エチケットの徹底、有症状者のための専用スペースの確保などを実施します。しかしながら、避難場所が過密状態になることを防ぐためにも、可能な範囲で、親戚や友人等の家への避難もご検討いただきますようお願いします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU