文字サイズ
自治体の皆さまへ

市内の話題をお届けします hirakawa photo news.

2/32

青森県平川市

■冬の恒例イベント ひらかわイルミネーションプロムナード
平賀駅前通り周辺では、冬の恒例イベント「ひらかわイルミネーションプロムナード」が開催されています。約10万球のLEDのほか、平賀駅前広場には約500個の台湾提灯のトンネルも設置され、幻想的な輝きで街並みを彩っています。
またクリスマスイブのワンナイト企画として、12月24日に中央公園でしゃぼん玉体験や竹キャンドルの点灯などのイベントも行われました。来場者たちは、イルミネーションとともに輝くしゃぼん玉に歓声をあげたり、スマートフォンで撮影をするなど、思い思いにイベントを楽しんでいました。イルミネーションの点灯は2月14日まで行われます。

■大規模災害に備えて 碇ヶ関で避難所設置・運営訓練
12月12日、碇ヶ関公民館で地域の自主防災組織を対象に、避難所設置・運営訓練が行われました。今回の訓練では、基本的な避難所設置・運営の方法のほか、新型コロナウイルス感染症の予防対策も想定した避難所での対応を学びました。
参加者たちは真剣な眼差しで、防災担当職員の説明を聞きながら、配備されている資機材の確認などを行いました。

■文化・暮らし・食育体験講座 バナナボート作りに挑戦!
12月26日、市内の小学生から高校生の児童・生徒のみなさんが、お菓子のバナナボートづくりに挑戦しました。この講座は市の文化・暮らし・食育などを市民に体験してもらうため、市が開催しており、この日は古川菓子舗の古川陽太郎さんが講師となって、バナナボートの作り方を参加者へ伝授しました。参加者たちは、お手本を見ながら、慣れない手つきながらも、おいしそうなバナナボートを作っていました。

■全国大会へ出場します!バドミントン全国大会出場者の表敬訪問
12月2日、東北大会で優秀な成績を収め、全国大会である「日本小学生バドミントンフェスティバルINくまがや」への出場を決めた、澤田宗里さん(金田小6年)と工藤光桜さん(柏木小3年)が市長を表敬訪問し、東北大会の結果報告と全国大会への意気込みを語りました。2人は「1回でも多く勝って、表彰台に上がれるように頑張りたい」と述べ、長尾市長は「世界に通じる選手をめざして、まずは全国大会で、みんなに感動を与えるような試合をしてほしい」と2人を激励しました。

■市内2高校の生徒がマスク700枚を寄附 弘前アップルロータリークラブ・柏木農業高校・尾上総合高校市長表敬訪問
市内2高校の生徒が弘前アップルロータリークラブの協力を受けながら、700枚の布製マスクを作成し、市内の幼児約670人へ寄附を行い、この活動の報告をするため、12月11日、同クラブや2高校の生徒ら14人が長尾市長へ表敬訪問を行いました。
市長は、「みなさんからマスクを受け取った子どもたちの心にはきっと恩が残っていく。これからも奉仕の心を忘れずに、生かしてほしい」と感謝の言葉を述べました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU