文字サイズ
自治体の皆さまへ

市からの重要NEWS(2)

12/33

青森県青森市

■介護慰労金を支給します
要介護状態のかたを在宅で日常的に介護している家族を対象に、申請によって介護慰労金を支給します。
対象:(1)~(3)全てに該当するかたを日常的に介護している家族(市民税非課税世帯で、市税に滞納がないかた ※分割納付は可の場合あり)
(1)在宅で生活し、市民税非課税世帯で介護保険料に滞納がないかた
(2)10月1日以前の1年間において、市内に住所を有し、要介護3~5若しくは要介護2で認知症高齢者の日常生活自立度が2以上に該当するかた
(3)10月1日以前の1年間において、介護保険サービス(デイサービス、ホームヘルプサービス、訪問入浴サービスなどの在宅サービスや、特別養護老人ホーム、グループホームなどの入所サービス)を利用していないかた
※年間7日以内のショートステイ利用は除く
支給額(年額):
・要介護4~5に該当するかたを介護している家族…10万円
・要介護2~3に該当するかたを介護している家族または要介護2~3と4~5の期間が混在しているかたを介護している家族…2万円
申込み:10月1日(金)~11月1日(月)に、介護保険被保険者証、通帳(介護しているかたの名義のもの)、納税証明書(または申請時、税情報確認同意書に記入)を持参の上、高齢者支援課、浪岡振興部健康福祉課へ

問合せ:
高齢者支援課【電話】017-734-5326
浪岡振興部健康福祉課【電話】0172-62-1134

■宅地内の水道管漏水調査にご協力を
4月から12月にかけて水道部から委託を受けた調査員(「漏水調査員」の腕章着用)が漏水調査を行います。調査箇所は道路に埋設されている水道管から各家庭の敷地のメーターまでです。調査は宅地の中に入って行いますのでご協力をお願いします。

問合せ:水道部施設課
【電話】017-777-4255

■下水道・農業集落排水施設への接続はお早めに
下水道や農業集落排水施設は、排水を浄化し、きれいな水によみがえらせる重要な働きをしています。
また、皆さんに利用していただいてはじめてその効果を発揮します。
下水道や農業集落排水施設が整備された地域のかたは、早めの接続をお願いします。
※接続工事の際は、条例に定められた「青森市指定排水設備工事業者」をご利用ください。また、工事着工前に申請が必要です。
※接続工事資金を金融機関から無利子で借りることができる融資あっせん制度があります。
※接続後は水道の使用水量に基づき、下水道使用料または農業集落排水施設使用料を納めていただきます。

問合せ:
下水道管理課【電話】017-752-0029
浪岡振興部上下水道課【電話】0172-62-1159

■放課後児童支援員を募集しています
保護者が共働きなどのため、日中不在となる家庭の小学生を対象に開設している放課後児童会で、遊びや生活の支援を行う「放課後児童支援員」及び「代用支援員※」を募集しています。詳細はお問合せください。
※放課後児童支援員が休んだときに代替として勤務(土曜日、学校休業日のみの勤務も可)
勤務日時:
(1)月~金曜日…午後1時~6時30分
(2)長期休業日の月~金曜日…午前8時~午後6時30分
(3)土曜日…午前8時~午後6時
※(2)(3)は早番・遅番あり
勤務場所:青森地区及び浪岡地区の放課後児童会
応募資格:
・保育士、社会福祉士等の資格、もしくは幼稚園、小・中・高等学校の教諭の免許状を有するかた
・高等学校卒業者等であり、放課後児童健全育成事業に類似する事業に2年以上従事したかた
・5年以上放課後児童健全育成事業に従事したかた
賃金:時給920円
※勤務形態によって期末手当の支給あり

申込み・問合せ:子育て支援課へ
【電話】017-734-5348

■法務局の自筆証書遺言書保管制度について
令和2年7月10日から法務局で自筆証書遺言書を保管する制度が開始されています。
この制度は、自筆証書遺言書を法務局に預けることで、遺言書を他人に見られることなく、改ざんや紛失を防ぎ、相続をめぐる紛争を防止し、ご自身の財産を確実にご家族等に託すことができ、家庭裁判所の検認も不要となっています。
また4月1日からは遺言者が希望した場合、遺言者が亡くなった後、相続人等からの死亡に関する連絡を待たず、法務局が戸籍情報と連携し、遺言者が指定したかたに遺言書を法務局が保管している旨の通知を行うことができるようになりました。遺言を検討されているかたは、ぜひこの制度をご利用ください。詳しくは法務省ホームページか最寄りの法務局へお問合せください。

問合せ:青森地方法務局供託課
【電話】017-776-9030

■宝くじの助成金を活用しています
宝くじの社会貢献広報事業として、宝くじの受託事業収入を財源として実施しているコミュニティ助成事業を活用し、119番通報体験ができる装置『かけるくん』を導入しました。今後防災教育のツールとして活用していきます。

問合せ:消防本部予防課
【電話】017-775-0853

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU