文字サイズ
自治体の皆さまへ

防災かわら版

3/27

静岡県下田市

大規模災害が発生した場合、安全な場所への避難が重要です。そのためには、家具転倒などによる逃げ遅れ防止や各家庭からの通電火災による被害の防止等の対策が必要です。市では、令和4年度も引き続き、家庭での防災対策を促進するため、各種補助制度を用意しています。補助制度を活用して家庭内防災対策を実施しましょう。

■防災対策補助制度(防災安全課防災係)
◇救命胴衣等購入費補助金(※)
防災用ヘルメットや救命胴衣を自然災害から身を守ることを目的に購入する場合、購入費(各上限2千円)を補助します。補助金を受けることのできる回数は、1人につき1回限りです(ただし、12歳未満の方については、複数回使用できる場合があります)。

◇感震ブレーカー設置費補助金(※) 
感震ブレーカーの設置に要する経費の3分の2以内の額(上限5万円)を補助します。感震ブレーカーとは、一定規模以上の揺れを感知すると、自動的に電気の供給を遮断し、電気による出火を防ぐ装置です。

◇家庭内家具等固定促進事業費補助金 
たんす・食器棚・本棚等の家具や冷蔵庫・テレビ等の電化製品などへの転倒防止器具の購入と取付に要する経費の2分の1以内の額(各上限1万円)を補助します。

◇耐震シェルター整備事業費補助金(※)
住宅内に安全な空間を確保することで、人的被害を軽減し速やかな避難につなげられるよう、耐震シェルターを整備する場合に補助金を交付しています。耐震シェルター本体購入費及び設置費(床下工事その他付帯工事を除く)に要する経費の3分の2以内の額(上限20万円)を補助します。

(※)事前の申請が必要です。

■高齢者運転免許証自主返納支援事業(防災安全課消防安全係)
市では、高齢者交通事故防止対策の一環として、運転免許証を自主返納した65歳以上の方を対象に、「運転経歴証明書」の交付手数料1,100円の助成を行っています。運転経歴証明書とは、運転免許をお持ちの方が、免許全ての申請を取消した日から過去5年間の運転経歴を証明するものです。

◇対象者
(1)下田市の住民基本台帳に登録されている65歳以上の方
(2)運転免許証を有効期限内に自主返納し、運転経歴証明書の交付を受けられた方(返納した日における年齢が65歳以上)

◇申請に必要なもの
(1)運転経歴証明書 
(2)運転経歴証明書発行手数料の領収書
(3)印鑑 
(4)助成金振込先の銀行口座 

◇申請期間
運転免許証を自主返納し、運転経歴証明書が交付された日から3ヶ月以内に必ず手続をしてください。 

※運転免許証自主返納による特典
静岡県タクシー協会では、運転免許証を自主返納した65歳以上の高齢者を対象に、タクシー利用運賃の割引(1割)制度を行っております。割引制度をご利用する際は、「運転経歴証明書」の提示が必要となります。タクシー利用運賃の割引制度についてご不明な点がございましたら、各タクシー会社へお問い合わせください。

問合せ先:防災安全課(窓口(10))
【電話】36-4145

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU