ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

今月の教えてさくやちゃん~子どもの非行・被害を防ごう~

10/33

静岡県富士宮市

■7月は青少年の非行・被害防止強調月間
「子どもたちが健やかに育つこと」は、社会全体の願いです。
しかし、ささいなことがきっかけで、非行に走ったり犯罪の被害に遭ってしまう子どもがいます。
静岡県では、毎年7月を「青少年の非行・被害防止全国強調月間」として、関係機関や団体が協力して、さまざまな活動に取り組んでいます。

「富士宮市でも青少年を非行や犯罪被害から守る活動をしているよ。」

■県内一斉夏季少年補導を行います
教職員やPTA、保護司、主任児童委員、警察関係者(少年警察協助員・地区防犯協会役員など)、ユースサポーター、地区青少年健全育成会関係者などが連携して、各地区を街頭指導する「県内一斉夏季少年補導」を行います。

■青少年指導員による指導を行います
地区青少年指導員が、28の班に分かれ地域を見回って街頭指導を行います。
街頭指導は、犯罪の発生を未然に防ぐ効果だけではなく、地域の皆さんの防犯意識を高める効果もあります。

■有害図書の調査・点検を行います
有害図書の18歳未満への販売や貸し付け、閲覧などは禁止されています。
販売店などは、有害図書類の陳列場所には、18歳未満の人の購入などを禁止する掲示をしなければなりません。

「何気ない行動が犯罪につながるよ。地域ぐるみで目配りしてね。」

■家庭で地域で目配りを
▽スマートフォン利用による犯罪の防止
有害な情報が見られないようフィルタリングサービスを利用してください。
子どもにせがまれても、フィルタリングを解除するのは危険です。

▽性犯罪の防止
言葉巧みに誘導され、「わいせつな画像をインターネットに流す」などと脅されることがあります。
普段から子どもの様子に注意してください。

▽薬物による犯罪の防止
薬物に近づかないこと、誘われても勇気をもって断ることを教えてください。

▽非行のはじまりの防止
保護者は青少年を午後11時から翌日の4時まで外出させないようにしてください。
深夜のうろつきは「非行のはじまり」とも言われています。家庭はもちろん、「地域のおじさん、おばさん」になって、地域ぐるみで青少年の行動に目配りしましょう。

「地域ぐるみで心身ともに健全な青少年を育てよう。」

■悩みや不安、いじめなどの相談は
問合せ:富士宮市青少年相談センター
【電話】22-0064
日時:月~金 9:00~16:30
※7月8日・22日の水曜日は20:00まで
※悩みや不安をかかえる青少年のことに関する相談に乗っています。

問合せ:いじめ110番
【電話】22-1252
日時:月~金 9:00~16:30
※言葉での脅しや暴力など、いじめについての相談に乗っています。

問合せ:社会教育課
【電話】22-1188【FAX】22-1209

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU