ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

6月は食育月間・毎月19日はごてんば食育の日

7/16

静岡県御殿場市

皆さん1日3食しっかり食べていますか?朝は食欲がわかないなどの理由から、朝食をほとんど食べていない若者が増加傾向にあります。6月の食育月間に合わせ、朝食をとるメリットを紹介します。

●朝食をとるメリット
(1)1日をはじめる大切なスイッチ
私達の体には体内時計と呼ばれる機能があり、朝日を浴びて目覚め、朝食をとることで体内時計がリセットされ1日の生活のリズムが整います。また、エネルギーの代謝が活発になり効率よくエネルギーを利用することができます。

(2)エネルギー補給
私たちは寝ている間もエネルギーを消費しているため、朝食をとらないとエネルギー不足が生じます。朝食をとることにより、脳や体の働きを活発にし、午前中しっかり活動できる状態を作りましょう。

(3)1日3食、食べることで太りにくい体を作る
朝食は英語でbreakfast【break(壊す)・fast(空腹)】空腹を壊すという意味です。1日2食になると、空腹の時間が長くなり、危機の状態だと感じ、食事が来た時に体に栄養を蓄えようと働いてしまいます。1日3食とることで太りにくい体を作りましょう。

●毎月19日は『ごてんば食育の日』です
市では第2次食育計画を策定し、毎月19日を「みんなでご飯を食べる日」に設定しました。朝食の時間に家族で食卓を囲む、早く帰宅してみんなでご飯を食べるなど共食(きょうしょく)の機会を作っていきましょう。詳しくは市ホームページをご覧ください。
【HP】http://www.city.gotemba.shizuoka.jp/kenkou/c-1/c-1-11/2515.html

「毎月19日はみんなでご飯を食べる日♪」

問合せ:健康推進課
【電話】82-1111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階