文字サイズ
自治体の皆さまへ

火災から命を守ろう!11月9日~15日は、秋の火災予防運動期間

5/28

静岡県菊川市

火災はちょっとした不注意から発生します。これからの時期、空気が乾燥し、火災が発生しやすい季節となります。大切な生命と財産を失わないように、火災予防に努めましょう。

【その火事を防ぐあなたに金メダル】(令和2年度全国統一防火標語)

■市内の火災発生状況(R2.1月~9月末)
火災件数 14件(前年同時期より2件増)
・建物火災 7件
・車両火災 2件
・その他の火災 5件

■住宅火災から大切な家族を守るために
まずは火災を早く見つけること、そして、初期段階で適切な行動をとることが大切です。

■住宅火災の発生を防ぐための例
・寝たばこは、絶対しない・させない
・火を使う時は、コンロから離れない
・ストーブの周りに物を置かない
寝具やカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用するのもオススメです!

■住宅用火災警報器を設置しましょう
火災の死亡原因で最も多いのが、「逃げ遅れ」です。逃げ遅れを防ぎ命を守るために、火災の発生を感知し知らせる「住宅用火災警報器」の設置が全の住宅に義務付けられています。

■適切に設置していますか
〈設置義務のある場所〉
・寝室
・階段の上部(寝室が2階以上にある場合)

■今すぐ点検!10年経ったら取り換えを
警報器の作動確認は、火災予防運動の時期に行うなど、定期的に実施しましょう。また、電池式の火災警報器の場合、電池の寿命はおよそ10年。万が一、火災が発生した時、電池切れや電子部品の劣化などで警報器が作動しないこともあります。
設置後、10年を目安に本体を取り換えましょう。

問合せ:消防本部予防課
【電話】35-3284

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU