ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

身近な消費者トラブルに、気をつけよう!! 〜年末年始は特にご注意を〜(1)

2/30

静岡県藤枝市

年末年始はお財布のひもが緩み、「買い物での契約トラブルに巻き込まれた」という相談が増える時期です。
消費者トラブルには特に注意しましょう。

≪注意!!≫
◆年末年始の慌ただしい時期の契約は避ける
事業者と連絡が取りにくい時期となるため、相談できないままクーリング・オフ(※1)期間が過ぎてしまうこともあります。

◆インターネットで見つけた相談窓口には相談しない
「消費者トラブル解決」などと検索し出てきた窓口の中には、不安をあおり、解決のために高額な費用を請求するところもあります。市や県、国などの公的な相談窓口(無料)に相談しましょう。

○公的な相談窓口
藤枝市消費生活センター【電話】643-3305
(受付時間:平日午前9時~午後4時)
静岡県中部県民生活センター【電話】202-6006
(受付時間:平日午前9時~午後4時)
消費者ホットライン【電話】188
(受付時間:土・日・祝日午前10時~午後4時)
※いずれの窓口も、年末年始(12月28日(土)〜令和2年1月5日(日))は休みです。

※1 クーリング・オフとは?
法律で定められた契約書面を受け取った日を含め8日間以内であれば、契約を解除し返金を受け取ることができる制度のこと。

【年末の大掃除で不用品が出たら注意!】
◆訪問購入
使わなくなった靴や着物など不用品を買い取るとうたい、家に訪れて強引に貴金属を買い取る。

○トラブルに遭わないためのアドバイス
・突然訪問されても業者を家に入れない
※訪問購入(自宅で物品を買い取ってもらうもの)は、「事前に消費者の承諾がなければ」訪問不可
・買い取りを承諾していない物品の売却を迫られた場合はきっぱりと断る
・居座られたら、迷わず警察へ電話する
・物品を売却する際は、クーリング・オフなどについて記載された契約書面の交付を求める
※訪問購入は、クーリング・オフが可能。期間内であれば、購入業者に物品の引き渡しを拒むことができる
・一人で対応しない

◆廃品回収
投げ込みチラシや宣伝カーなどをきっかけに事業者に不用品処分の依頼をすると、チラシの金額より高額な費用を請求される。

○トラブルに遭わないためのアドバイス
・複数の事業者から見積もりを取り、料金や作業内容を比較検討する
(チラシに記載されている金額で契約できるとは限らない。見積もりが有料の場合もあるので注意)
・契約時や作業開始前に契約金額と追加料金がないか確認する
(作業終了後に突然高額な金額を請求されるケースもあるので注意)
・作業時は一人で対応せずに、家族や周りの人に立ち会ってもらう

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU