文字サイズ
自治体の皆さまへ

備えよう!ペットの災害対策~ペットも家族日頃から準備しよう~

5/73

静岡県静岡市 クリエイティブ・コモンズ

■いざという時のために心がけよう
(1)首輪・迷子札など、身元確認ができるものを身に着けさせる
(2)犬には鑑札や狂犬病予防注射済票を首輪などに付ける
(3)「待て」「お座り」などの基本的なしつけをする
(4)ケージ、ハーネスなどに慣らす
(5)狂犬病などのワクチン接種、ノミの駆除などで健康管理をする
(6)ペットを連れて、家族で避難訓練をする

■ペットのための備蓄品を準備しよう
(1)命や健康に関わるもの(最低1週間分のフードと水、薬、リード、サークルなど)
(2)飼い主や動物の情報(飼い主とペットが一緒に写った写真、飼い主の連絡先など)がわかるもの
(3)ペット用品(ペットシーツ、トイレ用品、ケージなど)

■ペットと一緒に避難しよう
災害発生時の混乱で、ペットが迷子になってしまうことが考えられます。飼い主はペットと一緒に避難(同行避難)し、ペットの適切な避難場所を確保しましょう。「避難所のペット飼育管理ガイドライン」を参考にご覧ください。

■特定動物の飼養者へ
危険な特定動物(ヘビやタカなど)の飼養者は、災害時にその動物が逃げないよう特に防災対策が必要となります。

問合せ:動物指導センター
【電話】278-6409

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU