文字サイズ
自治体の皆さまへ

まさか自分が!? 家族が!?「架空料金請求詐欺にご用心」

2/17

静岡県

未払いの料金があるなど、架空の事実を口実に金銭をだまし取る「架空料金請求詐欺」が増えています。詐欺被害から自分や家族の身を守るため、詐欺の手口を知り、落ち着いて行動しましょう。

■架空請求による詐欺被害が増大!
オレオレ詐欺やキャッシュカード詐欺盗などの特殊詐欺のうち、架空料金請求詐欺による県内の被害件数は、2019年から2020年の間に約1.5倍に増えています。他の特殊詐欺に比べ50代以下の若い世代も被害に遭っているのが特徴です。コロナ禍でネット利用が増える中、「自分は大丈夫」と思わず、身に覚えのない請求には、十分気を付けましょう。

○架空料金請求詐欺被害件数

○架空料金請求詐欺による被害者の年齢層(2020年)

■これがだましの手口!
◆1.突然届く! 詐欺のメッセージ
○携帯にメッセージ
SMS(ショートメール)に未納料金に関する連絡を求めるメールが届く。

○自宅に書類が届く
民事訴訟通知書や訴状に扮したハガキや封書が届く。

○ネット利用時に警告メッセージ
パソコンやスマートフォンでアダルト動画などを閲覧中、「登録完了」「ウイルス検出」といった警告が突然表示され、連絡を要求される。

メール、インターネット、ハガキ、封書による架空請求のメッセージの一例を紹介します。
※類似した別の手口もありますのでご注意ください。

〈メールによる架空請求〉
利用料金の確認がとれません。至急連絡ください。「●●●お客様サポートセンター」東京都の市外局番03(××××)××××

〈インターネット利用時の架空請求〉
・サイト登録完了! 登録に身に覚えのない場合は連絡を03(××××)××××
・システムがウイルスに感染しています。11個のウイルスが検出しました。支給連絡を03(××××)××××

〈ハガキによる架空請求〉
・裏面に圧着フィルムが貼られ「重要」と書かれている。
・フィルムをはがすと、未納料金に関する請求内容が記載されている。
・有料番組サイトなどの料金が未納となっており延滞料が発生していると記載がある。
・問い合わせ先は「IR債権回収会社」を名乗る会社。

〈封書による架空請求〉
・封筒の中に民事訴訟裁判を装った「民事訴訟最終通達書」が入っている。
・問い合わせ連絡先に電話をすると、訴訟取り下げ費用として「コンビニで電子マネーを購入しろ」、「ATMでお金を振り込め」、「現金を宅配便で送れ」などと支払いを要求される。
・数千万円に及ぶ高額被害も発生している。
・封書の中に「訴状」「答弁書」が入っている。
・問い合わせ先は東京都千代田区の「東京法務管理局」。
・「訴訟」「最終通告」「法務局」「裁判」などの単語が並んでいるが、何に対する請求なのか記載がない。

いずれも架空料金請求詐欺です。記載された連絡先には絶対に連絡しないでください!

◆2.もし記載されている電話番号に連絡をしてしまうと…
法的手段に移行する。今なら○○万円で済む
電子マネー(※)やギフトカードを買って来て
カード裏面のID番号を教えて
などとしつこく要求されます!
(※)電子化されたお金のこと。コンビニなどでプリペイド式カードを購入することで入手できる

◇被害者の気持ち
・相手が大手の会社を名乗ったため信じてしまった
・支払わないと裁判になると言われ不安になった
・自身が誤って利用してしまったと思った
・家族が利用したと思った

◇まずは相談してください!
架空料金請求詐欺は、幅広い年齢に被害が及びます。メールやハガキなどで身に覚えのない料金の請求があったら、必ず警察に相談しましょう。
(県警察本部生活安全企画課 巡査部長 山田健太郎)

◇被害に遭わないためには
・絶対に連絡しないで無視する
・身に覚えのない料金は払わない
・個人情報を教えない
・電話番号やメールアドレスを変える
・不安を感じるサイトは閲覧しない

少しでも「怪しいな」と思ったら、お近くの警察署や交番、消費生活センターまでご連絡ください

問い合わせ:県生活安全企画課
【電話】054-271-0110(代表)
【FAX】054-250-0111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU