ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなの便利帳-催し-(2)

18/26

香川県

【県立ミュージアム】
■〈常設展〉「生誕120年 藤川栄子―私が好きな絵を描けるようになる道」
高松市に生まれ、藤川勇造や安井曾太郎から学び、三岸節子と女流画家協会を結成、県展審査員を歴任し、後進を導きながら、晩年まで制作を続けた藤川栄子(1900-1983)。生誕120年を迎えるいま、初期の「裸婦」をはじめ、静物や形象や色彩の構成を研究したとみられる作品を紹介しながら、一人の画家が、生涯を通して自身の絵画に向き合い探求する姿に迫ります。
日時:7月28日(火)〜9月22日(火・祝)まで ※1〜3
場所:県立ミュージアム常設展示室2
参加料:
・一般410円
・前売り・団体(20人以上)330円

■〈常設展〉「名勝指定記念 満濃池」
日本最大のため池として知られる満濃池は、2019年10月に、ため池としては全国で初めて国の「名勝」に指定されました。本展では、指定を記念して、当館が収蔵する絵図や古文書、写真資料などにより、満濃池がたどってきた歴史やその魅力について紹介します。
日時:7月17日(金)〜9月22日(火・祝)まで ※1〜3
場所:県立ミュージアム常設展示室1
参加料:
・一般410円
・前売り・団体(20人以上)330円

※1 午前9時〜午後5時
※2 入館は閉館30分前まで
※3 休館日月曜日(月曜日が休日の場合は原則として翌火曜日)

県立ミュージアム
【住所】高松市玉藻町5-5
【電話】087-822-0002

【瀬戸内海歴史民俗資料館】
■〈巡回展〉「まちかど生き物標本展〜生き物を見て・感じる〜」
香川の豊かな自然とその保全について考えるきっかけづくりとして、身近に生息する昆虫や陸貝などの標本展を香川県みどり保全課との共催で開催します。県内だけでなく、国内外の標本と比較しながら郷土の自然を楽しく学べます。
日時:6月20日(土)〜7月12日(日) ※1〜2
参加料:無料

問合せ:みどり保全課
【電話】087-832-3227

■〈テーマ展〉「瀬戸内海の風景を生み出すものー新たな視点から漁具の役割を考えるー」
瀬戸内海の伝統的な漁業の風景は、観光を生み出し、絵馬に描かれ、漁具は信仰の対象ともなりました。なぜ、伝統的な漁業の風景が人々を魅了したのか。その漁業を成り立たせている漁具を通して考えます。
日時:7月23日(木・祝)〜9月22日(火・祝) ※1〜2
参加料:無料

※1 午前9時〜午後5時、入館は閉館30分前まで
※2 月曜日休館(月曜日が休日の場合は原則として翌火曜日)

瀬戸内海歴史民俗資料館
【住所】高松市亀水町1412-2
【電話】087-881-4707

【東山魁夷せとうち美術館】
■第1期テーマ作品展
(1)京都の四季
(2)西洋の風景
日時:7月19日(日)まで
午前9時〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)、月曜休館
参加料:一般310円

東山魁夷せとうち美術館
【住所】坂出市沙弥島字南通224-13
【電話】0877-44-1333

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU