ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナ感染症対策を徹底 愛の血液助け合い運動にご協力ください

7/26

香川県

血液は人工的に作ることができず、長期保存もできません。一人一人の継続的な献血へのご協力によって、輸血医療が支えられています。2019年は県内3万5600人の献血者にご協力いただきましたが、少子高齢化の進行や30代以下の若年層の献血離れで、献血者数は近年減少傾向にあります。特に昨今は新型コロナウイルス感染症の影響で、献血会場の確保やイベントの開催が困難な状況です。
7月1日から8月31日は愛の血液助け合い運動期間。安定した血液製剤の確保のため、特に成分献血・400ミリ献血を中心とする献血運動の推進に力を入れています。
献血は、献血ルームオリーブ(高松市丸亀町)で受け付けているほか、献血バスがスーパーセンター宇多津店(宇多津町)や県内各地を巡回。バスの詳しい運行スケジュールは、県赤十字血液センターのホームページでご確認ください。
なお、輸血による新型コロナウイルスの感染を疑った報告はありません。感染拡大防止策として、職員の健康チェックや手指消毒・会場設備の消毒を行い、安全な献血会場の運営に取り組んでいます。献血ルームへは予約してお越しください。

《献血ルームオリーブ(高松丸亀町商店街)》
日時:年末年始・大型連休の一部を除く毎日
○全血献血
・午前9時40分〜午後0時40分
・午後1時40分〜5時40分
○成分献血
・午前9時40分〜午後0時40分
・午後1時40分〜4時40分

《スーパーセンター宇多津店(宇多津町)》
日時:毎月第2土曜日
○全血献血
・午前9時〜正午
・午後1時〜4時

問合せ:薬務感染症対策課
【電話】087-832-3305
【HP】「香川県赤十字血液センター」で検索

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU