ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

おいでよ特認校(とくにんこう)(10)

8/27

鹿児島県霧島市

※特認校とは、自然豊かな環境に恵まれた小規模校に、校区外から入学・通学できる制度のことです。

◇佐々木小学校
在校生12人(うち特認校生0人)
横川町下ノ920-6
【電話】72-9022

◆音楽に囲まれた創造性あふれる学びや
磨こう、君と僕のダイヤモンド

♪われは海の子、白波の~。♪笹の葉さらさら~。授業の合間、校内の至る所から児童の鼻歌や元気な歌声が聞こえてきます。
ここは横川町下ノの佐々木小学校。牧園町の霧島温泉駅から車で5分の山あいにあります。特認校制度がありますが、今年度は特認校生がゼロ。全校児童はこれまでで最少となる12人です。しかし校内にあふれる児童の歌声で、学校は活気に満ちています。

◇伸び伸びと輝く
「音楽は本校の教育の柱。自主性と創造性、自信を身に付け、自己肯定感を高めてくれます」と話すのは校長の德永さとみさん。中学の音楽教諭と教頭を経て平成29年に赴任しました。朝の会に歌う機会を設けたり、県内の作曲・合唱のコンクールに全児童で参加したりしています。合唱では思い切り声を出し、歌い終えると互いの顔を見合って満面の笑顔を見せます。
同校には25メートルプールを20往復する「1000メートル遠泳大会」という名物も。「3年生以上が参加し、みんな完泳します。諦めない心と強い体を、励まし合いながら育む。本校の一人一人がダイヤモンドのように強く輝いてほしい」と目を細めます。
児童の多くが町内のふれあいバスで通学。登下校時にも歌声が聞こえる、伸び伸びとした毎日がここにあります。

◆作曲や遠泳に挑戦。諦めず自信に
◎佐々木小学校6年 下原 芽瑠萌(めるも)さん

鼻歌で作った曲は全部、校長先生が大切に楽譜にしてくれます。作曲は少し苦手だけど、歌とピアノが好きなので音楽に囲まれた毎日が楽しい。1,000m遠泳は、みんなが諦めないおかげで私も泳ぎ切ることができ、少し自信がつきました。今年の新入生は1年生が一人だったけど、みんな自分の妹みたいにかわいがっています。来年、特認校生が来て学校がもっとにぎやかになってほしいです。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU