ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

読者のお便り

20/27

鹿児島県霧島市

■読者の皆さんからの声を伝えるコーナーです。

・300号おめでとうございます。『勇気をくれた広報誌』の対談を読みました。広報誌の表紙のタイトルが目に留まり、検診の大切さを感じ、検診を受ける人が1人でも多く増え、がんの早期発見につながることの大切さを感じました。私の母も乳がんを患い、手術や化学療法を間近で見ていました。本人もとてもつらかったと思うし、そばで見ているのも、とてもつらかったです。受診率がまだまだ低いのも現状です。身近な広報誌で、大庭さんのような笑顔が目に留まり、検診の大切さをみんなが認識し受診してほしいとあらためて思いました。(ウエイゲート40歳女性)

・連続入選回数日本一、おめでとうございます。広報誌はカラーページが多く、見やすいなぁと感じています。自然豊かで温かい人にあふれている、霧島市の出身で本当に良かったと思います。広報誌のおかげで両親とご飯を食べに行ったり、自然を感じに出掛けたりと、多くのコミュニケーションを取ることができ、本当に感謝しています。これからも広報きりしまがたくさんの人の笑顔をつくることを願っています。(RINA24歳女性)

・マイホームが完成し自治会にも加入したため、広報誌が自宅に届くようになりました。これまであまり広報誌に興味がありませんでしたが、じっくり読んでみると面白い。これまで知らなかったイベント情報なども掲載されているので、家族で出掛けるきっかけにもなります。身近な地域の情報源です。霧島のことをもっと好きになれるように、これからも広報誌を読み続けたいと思います。(mikumiku29歳女性)

▼300号記念特集へのお便りを数多く頂きました。これからも皆さんに愛される広報誌作りに努めていきます。

・7月初めの大雨の日、霧島市全域に避難指示が出ました。私が住む場所は山が近く土砂崩れの恐れがあるため、今回初めて地域の公民館に避難しました。そこには市役所の方が早い時間から待機し、避難解除があるまでいてくれました。避難していた人の中には高齢者も多く、若い職員の方がいるだけで安心できたように思います。各避難所に多くの職員の方が待機されていたと思うと、本当にありがたいと思いました。(まきろん45歳女性)

▼今回初めて発令された「警戒レベル4の避難指示」。大雨に対する日頃からの備えと「空振り」を恐れない早めの避難をお願いします。

このほか71通のお便りを頂きありがとうございました。文章は誌面の都合上、調整させていただくことがありますので、ご了承ください。

本誌への感想、霧島市への思いなど、たくさんの声をお寄せください。お便りはとじ込みのはがき、ファクス(0995-64-0934)、携帯電話やスマートフォンは左の2次元コード、パソコンは市ホームページからお送りください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU