文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域おこし協力隊だより Vol.80

19/26

長野県 喬木村

こんにちは!阿島傘をメイン活動にしている水谷です。
喬木村に来て2度目の冬ですが、1回目の冬が暖冬でしたので、この冷え込みは初体験です。私の出身の関東南部では、雪が降ることも稀で、積もることは更に稀です。ですので、朝起きると景色が白くなっているのは非常にワクワクします。そして雪道の運転も初めてでとても緊張しました。また、矢筈の「禍誤除けの滝」の氷瀑を見れたのも貴重な体験でした。
これから春に向かって景色が変わってゆく様も楽しみです。
それでは、最近の活動についてご紹介したいと思います。

◇秋傘
秋のイメージの傘を作ってみました。
秋を考えたとき、思い浮かんだのが「月」と「紅葉」でした。ですので、伝統的な月奴(つきやっこ)という柄をベースにしてみました。
月奴というのは、写真のように紙の色を変えて傘の縁に三日月を描くデザインになります。
今回は色合いを「紅葉」からとって月を黄色、それ以外の部分を赤色で華やかにしてみました。
月の反対側には秋の草花で切り絵をしてみました。ススキ、モミジ、イチョウ、桔梗に撫子です。
秋の色づいた景色にピッタリな傘になりました。

◇曙月庵での阿島傘展示
少し前になりますが11月に曙月庵にて阿島傘の展示イベントを行いました。
前年とは異なり、今回は阿島区主催の「竹灯籠祭り」と同時開催となり、同じく竹を材料とする灯篭と和傘が並びました。
阿島傘展示は2日間のみで、初日は雨、二日目は強風という悪天候でした。ですが、夜間は灯篭と一緒にライトアップを行い、2日間で200人以上の方に来て頂けました。
新型コロナもあり近隣へのチラシやポスターでの宣伝しかできなかったにも関わらず、多くの方に見て頂けて良かったです。
今年も新型コロナに負けないように阿島傘をPRしていきたいと思います。

※FacebookやInstagramも更新しておりますので、ぜひ『喬木村地域おこし協力隊』で検索してみてください!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU