文字サイズ
自治体の皆さまへ

おれんじコーナー No.4

10/25

鹿児島県いちき串木野市

こんにちは!認知症地域支援推進員の逆瀬川です。
今回は、11月18日に開催した本人ミーティングについて紹介します。

■本人ミーティングとは?
認知症の当事者(本人)同士が主になって、自らの体験や希望、必要としていることを語り合い、自分たちはもちろん、他の認知症の方も暮らしやすい地域を目指して行う会です。想いや悩みを分かち合えたり、本人だからこそ気づくことなどを語り合ったり、それらを地域に伝えていくために開催しました。
今回は、第1回目ということで会の名称を決めました!みんなの意見を取り入れて『“もっと”かたいもんそ~はじめましての会~』に決定。認知症の人と家族の会主催のかたいもんそ会に参加する時より、もっと本人が自分の想いや意見を語れるように、また、忘れてしまっても毎回はじめましての気持ちで大丈夫という思いが込められました。
認知症があっても、出来ることはたくさんある、いろんな思いがあるということを多くの方へ発信していきます。

◆“もっと”かたいもんそ
~はじめましての会~
参加者にコーヒーを淹れてもらい飲みながら語りました。手動のミルでコーヒー豆を挽いて飲むことは、心地よい香りの中でゆったりと過ごすことができ、脳にいい刺激が与えられるため、認知症状の緩和にもつながると言われています。

“最近、物忘れが気になる”など、心配や不安があったらまずは地域包括支援センターにお気軽にご相談ください。

▽相談窓口
地域包括支援センター(串木野庁舎2階)
昭和通133-1
【電話】33-5644

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU