文字サイズ
自治体の皆さまへ

南区保健センターからのお知らせ

13/14

埼玉県さいたま市南区

・育児や健康に関する相談は、電話・オンラインでも受け付けています。
・会場名の案内がない事業は、南区保健センター(サウスピア7階)が会場となります。
※新型コロナウイルスの影響などにより、中止や内容を変更する場合があります。
また、教室等に参加する際は、感染予防の徹底(マスク・検温)をお願いします。各教室は換気をしながら実施するため、体温調整がしやすいよう、着脱可能な服装でお越しください。
詳しくは、市ホームページを確認、又は保健センターへお問い合わせください。

■電子申請
申込みはこちらから
・事業名を検索してお申込みください。
・電子申請での申込みが終了している場合などは、電話又はFAXでお問合せください。
・電子申請での申込みは、各教室実施日の3開庁日前(土・日・祝日を除く)まで受け付けています。
※二次元コードは本紙をご確認ください

■3月1日~8日は「女性の健康週間」です!
女性は、思春期・成熟期・更年期・老年期におけるホルモン状態や、結婚・育児などのライフステージによって女性特有の心身の変化があります。
保健センターでは女性の健康問題に関するリーフレット等を用意しています。この機会にご自身のからだやこころの健康について、振り返ってみませんか?

◇症状等について知りたい方はこちら!
「厚生労働省研究班監修 女性の健康推進室ヘルスケアラボ」
※二次元コードは本紙をご確認ください

■3月は「自殺対策強化月間」です!
◇あなたにもできる自殺予防のための行動
「気づき」身近な人の変化に気づいて、声をかける
「傾聴」本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける
「つなぎ」早めに専門家に相談するよう促す
「見守り」あたたかく寄り添いながら、じっくりと見守る

◇詳しくはこちら!
「さいたま市自殺予防週間・自殺対策強化月間について」
※二次元コードは本紙をご確認ください

■南区ベビー全員集合!みなみっこクラブ(申込制になりました)
遊びをとおして親子のふれ合いを深め、お友達づくりのきっかけになる教室です。(兄姉は託児利用)
対象:令和3年12月生まれの赤ちゃんとその保護者
日時:お住まいの地区により異なります。
詳しくは個別にお送りするはがきをご確認ください。
持ち物:母子健康手帳、筆記用具、バスタオル、替えのオムツ、授乳の準備(お持ちの方は授乳ケープ)、兄姉をお連れの方は水分補給の飲み物(要記名)
申込み:3月1日(火)9時~ [電子申請]

■母子保健(予約制・先着順)

※母子保健の各教室は、親子1組につき1回参加することができます。
※事業名に★がついている事業は、受付時間を分けて実施します。詳しくは、市ホームページをご確認ください。

■成人保健

申込み・問合せ:南区保健センター
【電話】844・7200 【FAX】844・7279

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU