文字サイズ
自治体の皆さまへ

過疎地域の持続的発展計画策定にあたりご意見を募集

1/7

茨城県かすみがうら市

■旧霞ヶ浦町が過疎地域に指定
国勢調査による本市全体の人口は、平成7年をピークに減少傾向が続き、同時に少子高齢化により地域やコミュニティを支える担い手不足が課題となっています。
令和2年の国勢調査による本市全体の人口は40,087人で、過疎地域指定の長期人口要件(昭和55年⇒令和2年)は3.3%の増となっていますが、中期人口要件(平成7年⇒令和2年)で11.5%の減となっています。
地区別の中期人口要件の増減率では、旧霞ヶ浦町が過疎地域指定の要件である23%を上回る23.6%の減となり、かつ本市の財政力指数が直近3カ年平均で全市の平均0.64を下回る0.61であることから、令和4年4月に旧霞ヶ浦町が一部過疎地域として指定を受けました。

[過疎指定の人口要件]
長期:昭和55年⇒令和2年で25%以上減
中期:平成7年⇒令和2年で23%以上減 (旧霞ヶ浦町が該当)

市では、「過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法」に基づき、令和4年から令和7年までの市過疎地域持続的発展計画の策定を進めています。また、過疎対策事業債(元金と利子に7割の交付税措置)や交付金を活用し、移住・定住施策の強化や外国人市民との共生などの施策を推進し、人口移動の均衡を図りつつ若い世代への結婚・出産・子育て支援を強化し、出生率の向上を目指します。

■計画に対する意見を公募
計画の策定にあたり、市民の皆さんなどからご意見を募集します。
閲覧・募集期間:7月19日(火)~8月1日(月)
閲覧場所:ホームページ、政策経営課、情報政策課(霞ヶ浦庁舎)、中央出張所
提出方法:持参、郵送、FAX、電子メールのいずれか
提出先:政策経営課

問合せ:政策経営課(千代田庁舎)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU