文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

2/15

鹿児島県 薩摩川内市

■Fリーグ公式戦初開催
10月9日(土)、サンアリーナせんだいで日本フットサルリーグの公式戦が本県で初めて開催されました。400人以上の観客がボルクバレット北九州対バルドラール浦安の激しいプロの試合を観戦。試合は2-2の引き分けに終わりましたが、会場は興奮に包まれ、試合後はフットサル教室で、子どもたちと交流が図られました。

■書画ポスターで事故防止
川内高校、れいめい中・高校、川内商工高校の書道部が「悲惨な事故が1件でもなくなるように」との願いを込めて作成した書画を基に、県交通安全県民運動推進協議会がポスターを作製しました。これは、県内の各自治体などに配布され、県民の交通安全意識の啓発に役立てていきます。

■大原野池公園パークゴルフ場来場者1万人達成!
11月3日(水)、大原野池公園パークゴルフ場の来場者が累計1万人を達成し、記念すべき1万人目のご家族には記念品が贈呈されました。昨年4月にオープンし、コロナ禍を乗り越え、1年7カ月での達成となりました。大人も子どもも楽しめる施設となっていますので、皆さんもぜひご利用ください。

■平佐焼の足跡を巡りながら歴史と文化を知ろう
11月3日(水)、平佐西地区コミュニティ協議会主催の「平佐西地区歴史さんぽ」が開催されました。参加者は天辰寺前古墳公園からスタートし、地区内の平佐焼窯跡や遺構を巡り、「歴史遺産お守り隊」のメンバーが、その地に伝わる歴史資料などを分かりやすく解説。参加者は、所々で質問を交わしながら興味深く聞き入っていました。

■「国体ちぎり絵」完成披露会
11月5日(金)、燃ゆる感動かごしま国体開催700日前記念イベントとして、祁答院中学校2年生29人が作成した「国体ちぎり絵」の完成披露会が行われました。ちぎり絵は、サンアリーナせんだいに展示してあります。ぜひ、ご覧ください。

■子どもの虐待防止と女性に対する暴力根絶のために
11月5日(金)、本市ダイバーシティ研究会から、11月の「児童虐待防止推進月間」と11月12日~25日までの「女性に対する暴力をなくす運動週間」啓発のために、手作りのオレンジandパープルリボンブローチを500個寄贈頂きました。ブローチは民生・児童委員、市議会議員、市役所職員などが着用し、啓発を行っていきます。

■イタックス株式会社と立地協定締結
11月9日(火)、市役所本庁でイタックス(株)との立地協定調印式が行われました。同社は、入来工業団地内で配合飼料メーカーから回収したフレコンバッグを洗浄・補修・保管する事業を展開しており、今回、同敷地内で倉庫を増設されるものです。本市の地域経済の浮揚発展にも大きく寄与頂くものと期待されます。

■素晴らしい伝統と文化を学びました
11月7日(日)、黒木小学校児童らが、薩摩川内元気塾「東郷文弥節人形浄瑠璃」を観劇しました。子どもたちは人形の動きや語り、三味線などが一つになった劇にくぎ付けになっていました。実際に人形を操作する機会もあり、文化を学び肌で感じる貴重な体験ができました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU