文字サイズ
自治体の皆さまへ

たばこと歯の関係

3/19

新潟県新潟市西蒲区

6月4日から10日は歯と口の健康週間です。歯や口の健康について見直しましょう。

■のざわ歯科クリニック 野澤太郎先生に伺いました
皆さんは、5月31日が何の日か知っていますか?この日は世界保健機構により定められた「世界禁煙デー」です。世界中で、この日に禁煙を始める人が多いようです。
多少煙たがれるかもしれませんが、歯科医師としてお伝えします。喫煙しているすべての人に禁煙が必要とは思いません。ただ、喫煙者で年齢問わず口腔内にトラブルのある人や禁煙したくてもなかなかできない人、お子さんやお孫さんの健康を気にしている人などには禁煙外来をお勧めします。ぜひ一度かかりつけ医に相談してみてください。

■歯の病気
歯の病気と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、「虫歯」と「歯周病」だと思います。どちらも細菌感染ですが、簡単なイメージでは「虫歯は歯に穴があく」「歯周病は歯がぐらつく」でしょうか。歯は歯肉や歯槽骨といった組織に支えられています。
歯周病は、細菌感染によって歯を支えていた組織が破壊され、最悪の場合、歯の喪失を引き起こしてしまいます。喫煙者はこのリスクが高くなるため、注意が必要です。

■たばこのリスク

▼1 有害物質や受動喫煙
たばこには数千の化学物質が含まれ、有害物質や発がん性物質は200種類とも言われています。そのうち代表的なものにニコチン、タール、一酸化炭素があります。

◇ニコチン
血管を収縮させ、血行が悪くなり免疫機能を低下させると言われている。そのため口腔内では初期症状が抑えられ、細菌に対する抵抗力が弱くなるため、重症化してから気付く場合が多い。また、強い依存性もある。

◇タール
数多くの発がん性物質を含んでいるほか、粘着性があるためがんのリスクを高め重篤な呼吸器疾患を引き起こす。また、粘着性により歯の表面に付き、歯を茶色や黄色に変色させる。

◇一酸化炭素
組織への酸素供給不足を引き起こす。

受動喫煙は、たばこを吸っている人の周りから流れてくる煙を吸わされていることです。たばこを吸う人に比べ、受動喫煙によって体内に取り込まれる有害物質(ニコチン…2.8倍、タール…2.5倍、一酸化炭素…4.7倍)は多いと言われています。
そのため、妊婦の受動喫煙には注意が必要ですし、受動喫煙によって小学生の歯肉が黒く着色しているケースも認められ、深刻な問題です。

▼2 美容
多くの喫煙者の顔に起こる特徴的な老化にスモーカーズフェイスがあります。20代までは表面に出てきませんが、30~40代では、はっきりわかるようになるとのことです。また、たばこには、ふん尿と同じ悪臭成分が含まれているため臭います。

◇特徴的な外見など
・独特な深いしわ
・頬がこけている
・顔色が暗く沈んでいる
・唇が紫色
・独特なガラガラ声

◇悪臭成分
・アンモニア
・スカトール

問合せ:健康福祉課健康増進係
【電話】0256-72-8380

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU