文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域包括支援センターだより~介護保険制度~

18/40

熊本県あさぎり町

介護保険は、介護が必要になった人が地域で安心して暮らしていくための制度です。
高齢になり、心身の機能が低下しても、適切な介護サービスを利用することで心身機能の維持・向上が期待できる場合があります。
介護サービスを受けるためには「要介護認定」を受ける必要があります。

■要介護認定の申請
高齢福祉課への申請が必要です。役場へ行くことが難しい人は家族でも申請できます。
申請には本人、申請者の身分確認書類(医療・介護の保険証等)が必要となります。
申請書には、主治医などを記入する欄があります。かかりつけの医師がいる人は病院・主治医の名前を確認しておきましょう。

▽申請できる人
・満65歳以上の人
・満40~64歳の人で以下の特定疾病が原因となっている人

・ガン末期(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
・関節リウマチ・多系統萎縮症・早老症・脊柱管狭窄症・脊髄小脳変性症
・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症
・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症・後縦靭帯骨化症
・脳血管疾患・閉塞性動脈硬化症・慢性閉塞性肺疾患・初老期における認知症
・両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症・骨折を伴う骨粗しょう症

■要介護認定(調査~判定)
申請をすると、介護調査員が自宅などを訪問して心身の状態を聞き取る訪問調査が行われ、町の依頼により主治医が意見書を作成します。その後、主治医の意見書などをもとに公平な審査・判定が行われます。

■認定(申請から1か月ほど)
介護や支援が必要な度合いによって「要介護度」(要介護1~5、要支援1~2)が決まります。要介護度によって利用できるサービスなどが異なります。
また、要介護認定には該当しないと判定されたときには、「非該当」となります。

要介護認定に該当しない人向けの、介護予防のためのサービスもあります。
日常生活に支援が必要になったり、認知症の疑いがあるなど、日常生活がこれまでのように過ごせないと感じたときは、まずは地域包括支援センターへご相談ください。

問い合わせ:地域包括支援センター
【電話】45-7231

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU