文字サイズ
自治体の皆さまへ

福祉のひろば

20/38

熊本県あさぎり町

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、希薄になった地域のつながりや途切れてしまった世代間交流行事を活性化し、子どもたちの居場所づくりを支援する各地の取り組みを紹介します!

■下永里世代間交流(下永里/上地区)
老人クラブ(久保田俊郎会長)が中心となり、今春小学校を卒業する6年生2人の卒業祝いを兼ねたサロンを計画しました。当日は園児から大人まで26人の参加があり、小学校の思い出話に花を咲かせながら弁当を楽しみ、食事後は全員参加の輪投げ大会で大いに盛り上がりました。久保田会長は「段々と地区の子どもも少なくなってきますが、今後は地区でお祝いをしていきたい。今回の交流会はいいきっかけになりました」と、今後の地域交流に期待を寄せています。

■子どもと大人たちとの地域交流(古草城/深田地区)
古草城では百歳体操や茶話会など毎月3回サロンが実施されていますが、このたび地元に住む小学生にも呼びかけ、子供たちも交えた地域交流会が計画されました。交流会の内容はサロン代表の濱田さんや子供たちのアイデアが随所に盛り込まれ、普段なかなか会う機会のない子供たちとの交流を心から楽しまれていました。4月から深田小学校に入学する新1年生の紹介もあり、「おめでとう!よろしくね!」とみんなから祝福されるなど、なごやかな時間を過ごしました。

問い合わせ:
高齢福祉課【電話】45-7215
社会福祉協議会【電話】47-2111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU