文字サイズ
自治体の皆さまへ

備えあれば憂いなし!我が家の防災

14/23

茨城県常陸太田市

■竜神ダムはどうやって洪水を調節するの?
大雨の際、ダムは河川の洪水量を低減させるなどの大切な役割を果たしています。

▽大雨時の竜神ダムの役割
竜神ダムは、一定の量だけ流れる放流管により下流へ流出する量を制限し、残りの水をダム湖にため込むことで、山田川の急激な水位の上昇を防ぐ役割を果たしています。昨年から、さらに大規模な洪水が予測される時には事前にダムに溜めた水を放流し、水位を下げておくことで、より多くの水量を溜められるようにして、洪水調節能力を強化しています。

■「ダム豆知識」異常洪水時防災操作いわゆる緊急放流とは?
ダムがこれ以上水を溜められなくなった時に、ダムの決壊を防ぐため、ダムに入ってくる水を溜めずに、そのまま流して『ダムへの流入量=ダムからの放流量』にすることを言います。ダムに溜まった水を流すのではなく、ダムが無いのと同じ状態にするのです。

▽洪水時のダム(洪水調節操作)
ダムに貯水し川への放流量を減らす
ダムに入る水>ダムからの放流

▽異常洪水時のダム(異常洪水時防災操作)
ダムが無いのと同じ状態(緊急放流)
ダムに入る水=ダムからの放流
*入る量以上に流すことはありません

問合せ:
県常陸太田工事事務所河川整備課【電話】80-3364
竜神ダム管理事務所【電話】87-0653
防災対策課【電話】内線351

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU