文字サイズ
自治体の皆さまへ

TOPICS(2)

6/19

茨城県常陸太田市

■社会を明るくする運動
7月1日から12日まで、「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」をスローガンに、市役所、太田警察署、道の駅ひたちおおたなどでポスターやのぼり旗を設置するなどの「社会を明るくする運動」広報活動が行われました。この取り組みは、久慈地区保護司会常陸太田支部が中心となり、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くために毎年行われているものです。7月26日には、かわねやフェスタ店、カスミ常陸太田店で、チラシやメモ帳を配布するなどの街頭キャンペーンも行われました。

■水府小の児童にカブトムシをプレゼント
7月15日、山田地区の昆虫愛好家の皆さんで結成された「子供たちに笑顔を届けたい昆虫クラブ」の皆さんから、水府小の全校児童にカブトムシやクワガタが贈られました。同クラブでは、カブトムシやクワガタを採集・飼育し、毎年地元の子どもたちに届けています。今回は、同クラブの後藤さんが、2年生と3年生を対象にカブトムシの体のつくりや成長の様子などについての特別授業も行い、「命の大切さ」を学びました。カブトムシを受け取った児童は、「地域の方のあたたかさを感じ、とても嬉しかった」と話していました。

■里川町でマイ難波カード出張申請を実施
7月24日、里川コミュニティセンターで里川町の方を対象としたマイナンバーカード出張申請受付を行い、47人の方にご利用いただきました。マイナンバーカード出張申請とは、市役所職員が皆さんの職場や公民館、集会所に出向き、無料で写真を撮影し、マイナンバーカード申し込みのお手伝いを行うものです。ご利用いただいた方からは、「身近な場所で申請ができて良かった」と好評の声をいただきました。
*「マイナンバー出張申請」の詳細は市ホームページをご覧ください。今後実施をご希望の団体は市民課マイナンバー推進室【電話】85-8815までご連絡ください。

■市女性消防団の紙芝居による防災寸劇
市女性消防団が、幼年消防クラブの結団式で防災寸劇を披露し防災意識の向上を図りました。女性消防団員が作製した紙芝居を使用し、大雨時(水害発生時)における避難の方法や身の守り方など寸劇を実施。クラブ員である子どもたちは「自分の命は自分で守る」方法を楽しく学びました。

■令和4年度久慈川水系連合水防訓練
令和4年度久慈川水系連合水防訓練が3年ぶりに開催されました。この訓練は、水害から市民の生命・身体・財産を守るため、久慈川に隣接する4市1村で実施しています。出水期を前に市水防団は、水防工法の基本で他の工法に使用する「土のう作り」、堤防天板に土のうを積み越水を防ぐ「積土のう」の2種目を実施し、水防技術の向上および水防体制の強化を図りました。

■災害ボランティアセンター運営訓練を実施
7月24日、交流センターふじで災害ボランティアセンター運営訓練および災害ボランティアリーダー養成研修会が開催されました。これは、災害時におけるボランティア活動支援の資質向上のため社会福祉協議会が開催したもので、一般参加の市民や関係機関の職員など約40人が参加しました。「災害ボランティアセンター」に関する講義のあと、ボランティア役・運営役等に分かれて模擬訓練を実施。コロナ禍に対応したセンター運営について学び、災害時の支援活動への意識を高めました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU