文字サイズ
自治体の皆さまへ

【ふるさと魅力発信】天体観測館

18/31

愛媛県久万高原町

■火星の接近とふたご座流星群
2022年も終わりに近づいてきた12月のおすすめの天文イベントを2つ紹介します。
まず1つ目は火星の接近です。20時頃東の空に明るくオレンジ色に輝く火星が見えます。火星は地球の直径の半分の大きさで、赤い色は表面を覆う酸化鉄によるものです。今年は12月1日に約2年ぶりに地球に接近し、その距離は約8100万km。接近しても月の直径の100分の1程度の大きさのため表面の模様を見るには望遠鏡が必要です。
2つ目はふたご座流星群です。12月14日の夜にたくさんの流星を見ることができます。1時間に約30個の流星が見えるでしょう。ふたご座が東の空に昇る20時頃に流星が見え始めます。22時過ぎには月が昇り始め22時30分には空が明るくなるため、それまでが観測のチャンスです。夜空が暗く流星の見やすい久万高原町に少し早いクリスマスプレゼントになるでしょう。
どちらも肉眼で楽しむことのできる天文イベントです。夜は寒いため暖かい格好をして観察しましょう。(重藤)

▽学芸員のつぶやき
流星群の日は写真を撮影する大チャンス。寒くてうまく撮れないことのないように上着を新調して寒さ対策はバッチリです。

問合せ:天体観測館
【電話】41-0110【天体HP】http://www.kumakogen.jp/site/astro/

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU