文字サイズ
自治体の皆さまへ

こんにちは、ゆりラボです!

13/31

愛媛県久万高原町

今回は、現在ゆりラボが進めている「こころみ応援事業」、「まち健康事業」、「まちあきない事業」について紹介します。
「こころみ応援事業」は、まさに起業支援。町内のチャレンジを支援する仕組み「ゆりラボアカデミー」を進めています。その先にある「定住支援」として生業づくりをいかに定住につなげるかという課題に挑戦しています。
「まち健康事業」は、コミュニティナース活動。現在、ラボ内だけでなく、町内に出向き保健室を実施しています。その先に目指すのは、医療・福祉各機関とのより有機的な連携で、世代を問わないコミナスのあり方を模索しています。
「まちあきない事業」は、町産品の販売を通したPR活動。販売だけではなく、作り手の想いを伝える活動です。これまで、ECサイトの運営を皮切りに、現在は、町産ホップを使ったライスビールづくりにまで発展しました。その先に目指すのは、継続的な場づくり。産品とストーリーに出合える「場(=ラボ and ECサイト)」であり続けるよう、丁寧な取材の継続がこれからの課題です。
そして理想としては、この3つの事業がそれぞれ有機的につながって、良い循環が生まれることを目指しています。果たしてどこまでできるのか。ゆりラボのチャレンジはまだまだ続きます。

ゆりラボ:3つの事業領域

ゆりラボが目指すプロジェクトのカタチ

問合せ:ゆりラボ
【電話】27-4086【HP】https://www.yuri-labo.com
営業時間:午前9時~午後5時
休館日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU