文字サイズ
自治体の皆さまへ

NEWS pick upまちのニュース(1)

4/31

鹿児島県屋久島町

■姉妹都市熊本県菊陽町にて「豊後街道菊陽杉並木植樹祭」開催
3月19日、姉妹都市である熊本県菊陽町において、「豊後街道菊陽杉並木植樹祭」が開催され、約50名の方が参加されました。本植樹祭は、「第38回全国都市緑化くまもとフェア」のパートナー事業として行われました。
林野庁屋久島森林管理署の協力を受け、1年前に屋久島から贈呈した「屋久島地杉」及び「宇宙ヤクスギ」の苗木を杉並木公園内にある「屋久島の森」に植樹されました。
菊陽町を東西に横切る豊後街道(旧国道57号線)沿いには、400年以上前から引き継がれてきた文化的景観である屋久杉の杉並木が存在しています。これまでに台風による倒木や枯死などで、存続が危ぶまれることもありましたが、本町から贈った幼木などを補植しながら、大切に守られています。
このような縁で姉妹盟約都市となった菊陽町と今後も引き続き、あらゆる面での更なる交流を深めていきたいものです。

■「地域おこし協力隊」2名が着任
地域おこし協力隊事業で、今年度新しく隊員を募集し、大水孝介さんと坂本知恵里さんの2名を隊員として任用しました。4月1日、役場本庁舎で辞令交付式が行われ、町長から辞令が交付されました。今後、町内で活動を行っていきます。
任用期間は、令和5年3月末まで、最長で令和7年3月末まで延長することができます。
地域おこし協力隊は、町外の人材を積極的に取り入れ、定住や定着を図ることで、地域の力の維持や強化を図ることを目的にしています。

▽大水孝介(おおみずこうすけ)(福岡県出身)小島在住
はじめまして!この度、コケによる地域おこしを試みることになりました。私がコケにハマったのは3年程前の大学2年生の頃で、その後、屋久島にコケを勉強しに来る機会がありました。その時にお世話になった方々や島の雰囲気は、今までにないほど温かく、ここに住みたい!と思い、大学卒業と同時に屋久島に来ました。この度、コケの産業化で屋久島をさらに活性化することを目的に、地域おこし協力隊となりました。やるからには楽しみつつ、皆さんに助けていただきながら、結果を残そうと意気込んでいます。色々と教えていただけるとありがたいです。何卒よろしくお願いします。

▽坂本知恵里(さかもとちえり)(香川県出身)平野在住
はじめまして。四国の香川県から、結婚を機に移住してきました。初めての離島生活に不安もありながら「せっかく住むならば屋久島のことを沢山知って、好きになって、盛り上げていきたい!」という想いで協力隊に応募しました。私は地域の暮らしや文化に興味があり、屋久島町には26もの集落があることに驚きました。これから協力隊として各集落の魅力を発掘し、情報発信を行っていきたいと思いますので、カメラと地図を持ってウロウロしている私を見つけたらぜひお声がけください!皆さんの知っているいろんな屋久島を教えてください。どうぞよろしくお願いします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU