文字サイズ
自治体の皆さまへ

夏場の食中毒に気をつけましょう

6/31

福岡県北九州市

梅雨から夏にかけての高温多湿な時期は、食中毒の原因となる細菌が増殖しやすい季節です。家庭での食事作りなどにおいて、食中毒予防三原則を意識して、予防に取り組みましょう。

■食中毒予防三原則
(1)細菌をつけない
手や食材などには食中毒を起こす細菌が付いていることがあります。小まめな手洗い、食材や調理器具の洗浄の徹底が大切です。

(2)細菌を増やさない
食品に付いた細菌は、時間の経過とともに増殖します。作った料理は、なるべく早く食べましょう。

(3)細菌をやっつける
ほとんどの細菌は、加熱することで死滅します。肉や魚はもちろん、野菜も加熱して食べれば食中毒のリスクを減らすことができます。特に肉は中心まで加熱することが大切です。

■テイクアウトやデリバリーを利用するときも要注意
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い利用する機会が増えているテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(配達)の料理は、調理後、速やかに食べることを前提に作られています。サービスの利用方法が不適切だと食中毒の原因となるため、次のことに気をつけて利用しましょう。

(1)すぐに持ち帰る
テイクアウトの料理を買ったら寄り道せずに早く帰りましょう。特に、車の中など暑くなる所に放置するのはやめましょう。高温多湿な環境では細菌が増殖しやすくなります。

(2)早く食べる
テイクアウトやデリバリーの料理は、購入後、早めに食べましょう。時間が経つと細菌が増殖してしまいます。

(3)手を洗う
手洗いイラスト
テイクアウトやデリバリーに限らず、食べる前には手を洗いましょう。手には食中毒の原因となる細菌が付いていることもあります。

問い合わせは保健所東部生活衛生課(門司区・小倉北区・小倉南区)【電話】093・522・8728

問い合わせは保健所西部生活衛生課(若松区・八幡東区・八幡西区・戸畑区)【電話】093・642・1818

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU