文字サイズ
自治体の皆さまへ

コロナワクチン集団接種始まる

1/33

宮城県東松島市

◆大きな混乱なく 6月下旬集団接種終了見込み かかりつけ医での個別接種も本格化
市内では5月22日から、65歳以上を対象とした新型コロナワクチンの集団接種が始まりました。矢本西市民センターと野蒜市民センターの2か所を皮切りに、3,420人が接種を受けました。各会場では、入口での検温、消毒後、必要書類の確認を行い、そこから予診票作成。医師の問診、接種を順に行い、3週間後に控える2回目の接種予約を受け付けました。約15~30分間副反応の有無などを確認するため待機し、異常がない場合はそのまま帰路につきました。接種した皆さんは「想像していたより痛くなかった」と一安心していました。
6月5日には、新型コロナワクチンの集団接種の状況などを調査するため、高階恵美子(たかがいえみこ)参議院議員(宮城県出身)と羽生田俊(はにゅうだたかし)参議院議員が矢本東市民センターを視察し、渥美市長と意見交換しました。6月12日からは2回目の集団接種がスタートし、27日(日)で終了見込みとなっています。また、5月17日からは個別接種もスタートしており、7月中までに65歳以上対象の接種が概ね終了する見通しです。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU