文字サイズ
自治体の皆さまへ

City View!1

16/33

宮城県東松島市

■熊谷東北防衛局長に施設整備を要望 大規模改修対象施設等の状況を確認
熊谷昌司(くまがいまさし)東北防衛局長が本市を訪れ、防衛省補助を活用しての大規模改修等を予定している小野市民センターや矢本運動公園内のテニスコート、武道館(体育館)などを視察しました。小野市民センターは施設内にエレベーターを設けるほか、バリアフリー化を実施し、テニスコートはオムニコートに整備します。武道館は改築し、体育館としての利便性を高めます。
(6月1日、矢本運動公園テニスコートほか)

■減塩啓発で健康増進 コロナ偏見や差別なくす活動も展開
東松島市食生活改善推進員会の総会が開かれ、役員改選や本年度の事業計画など5議案について審議しました。同会は昨年、新型コロナ禍での差別防止を呼びかける「シトラスリボン運動」に取り組みました。今年もこの運動を継続し、健康増進に向けては減塩の啓発にもあたっていきます。
(5月19日、市役所)

■児童虐待根絶へ官民連携を強化 未然防止と早期発見
東松島市要保護児童対策地域協議会の代表者会議が開かれ、石巻警察署長や東部児童相談所長など、市内学校関係者が市内の児童虐待状況などについて情報共有しました。社会的関心の高まりから虐待の通告、相談件数が毎年最多を更新しており、未然防止と早期発見に向け協力機関の権限や役割を確認しました。
(5月14日、市役所)

■東松島市建設業協会震災記録誌発行「復興10年のあゆみ」
一般社団法人東松島市建設業協会(橋本孝一会長)は、東日本大震災記録誌「復興10年のあゆみ」を1千部制作し、150部を本市に寄贈しました。「東松島方式」と呼ばれた震災がれき処理の手法など当時の建設業界の対応をまとめたもので、イラストも充実させ、子どもたちでもわかりやすい内容に仕上げました。
(5月18日、市役所)

■企業5社が空気清浄機寄贈 小中学校などに355台
石巻市須江の(株)アルファテクノなど5社は、市内の小中学校と保育所に空気清浄機355台を寄贈しました。同社の阿部博昭(あべひろあき)代表は矢本一中男子バレー部のコーチを務めるなど交流があり、子どもたちのために取引先企業と空気清浄機を寄贈することを決めました。贈呈式が赤井南小であり、渥美市長と代表児童4人に手渡されました。
(5月20日、赤井南小学校)

■共存共栄の内水面ふ化団体を支援 県定置漁業協会 増殖協に運営費寄付
宮城県定置漁業協会は、渥美市長が会長理事を務める県さけます増殖協会に運営費用として500万円を寄付しました。令和元年からの記録的な秋さけ不漁により、さけ稚魚ふ化放流を実施している県内の内水面ふ化団体が厳しい経営状態となっています。このため、定置漁業協会が支援対策として寄付を決定。大友久義(おおともひさよし)会長が渥美市長に目録を手渡しました。
(5月19日、市役所)

「CityView!」では、市のイベントや地域の話題を、皆さんにお届けします。
掲載した写真は、データで提供します。希望の方は問い合わせください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU