文字サイズ
自治体の皆さまへ

大雪の影響に関して

7/31

福井県あわら市

■水道メーター検針の取り扱いについて
1月の大雪により、水道メーターの上に積雪があり検針できない状況が多発しました。そのため、認定水量で請求している場合がありますので、ご了承ください。
なお、次回の検針で、認定水量との過不足分を精算します。

▽認定水量とは
大雪などで、水道メーターを見ることができない場合に、前回検針と同じ水量として認定し、請求を行うものです。

▽影響は2カ月
検針は2カ月に1度となっています(芦原温泉上水道財産区給水区域を除く)。そのため、12月と1月の請求が認定水量での請求になり、2月、3月で精算します。

▽認定水量における注意点
精算の検針時に投函される、「使用水量のお知らせ」の請求予定額等欄(使用水量と金額)が記載されません。請求額が記載された通知が必要な人はご連絡ください。

■漏水にご注意ください。
3年前の大雪の際に、宅地内の水道管が凍結で破損するなど漏水が多発しました。宅地内の漏水は、使用者の負担となるため、水道料金や下水道使用料が多額となります。
今回の大雪でも漏水が発生している可能性がありますので、ご自身でメーター周りを除雪し、漏水がないか確認してください。

▽漏水を発見するには
(1)宅内の全ての水道の蛇口を閉めて、水道メーターのパイロット(風車)を確認してください。
(2)パイロットが回っているときは、宅内で漏水している可能性がありますので早急に、あわら市指定給水装置工事事業者に修理の依頼をしてください。事業者については、市のホームページをご覧ください。

問合せ:上下水道課総務経理G
【電話】73-8036

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU