文字サイズ
自治体の皆さまへ

いわき市の取り組みを紹介します

2/40

福島県いわき市

■いわきの極意/いわきひとしお
◇自宅で!職場で!運動習慣づくりを始めてみませんか?
コロナ禍で運動する機会が減っていませんか?運動は始める「きっかけ」と「継続する」ことが大切です!
いわきの極意YouTubeチャンネルでは、ウオーキングやヨガ、ストレッチなど、さまざまな動画を配信しています。運動時間も短いものから長いものまで揃えています。ご自身の興味に合わせて使ってくださいね!

◎いわきの極意YouTubeチャンネル
二次元コードを読み込むか、YouTubeから「いわきの極意」で検索!

◇健康づくりサポートセンターも活用しましょう!
ゆったり館内に開設した同センターの利用者を募集しています。一人一人の健康状態に合わせた運動プログラムで、健康づくりの習慣化を目指します。
利用期間:10月1日(土)から最大5カ月間の11時から20時まで
対象者/定員:高校生を除く18歳以上の方/50人
申し込み方法:同センターへ電話(【電話】43-0801)またはファクス(【FAX】43-0804)で
申込期限:9月16日(金)

◇「食」からの健康づくりで減塩に取り組みましょう
海産物や農産物に恵まれる本市では、保存性を高める手法として塩や醤油を多く使ってきました。長期間おいしく食べる技術に長ける一方で、塩分摂取量が男女共に基準値を大きく上回り、高血圧を起因とする病気への不安も。
減塩は健康なカラダ作りにとても大切です。本市では「地産地消×おいしい×健康」をコンセプトに「いわきひとしお」プロジェクトを始めました。市民の皆さんと一緒に減塩に取り組みます!

◇「ひとしお」に込めた思い
いわきの人と塩の関係を考え直すひとつまみの塩を減らすことで健康に塩を減らした分、いわきの食材が活き、喜びもひとしお

◇1日当たりの塩分摂取量
[男性]
いわき市:9.5g(※1)
基準:7.5g(※2)
[女性]
いわき市:8.8g
基準:6.5g

※1 令和3年度いわき市けんしん結果より引用。
※2 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」より引用。

◇健康情報発信中!
減塩レシピも公開中!フォロー待ってます!!
・Instagram
・Twitter
・Facebook
※詳しくは、本紙に掲載の2次元コードを読み取ってご覧ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU