文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題をお届け TOPICS

6/22

宮崎県えびの市

■5/9田の神さあ制限運転宣誓式 安全運転を誓う
えびの警察署で「田の神さあ制限運転宣誓式」が行われました。これは、ベテランドライバー自身が運転を控える時間帯や場所等に関するルールを決めて実践することで、交通事故を防止しようと行われているものです。今回宣誓したのは、宮崎県警友会えびの支部の6人です。
宣誓した野田勤さんは、「宣誓したことを意識して、今まで以上に慎重な運転をしたいと思います」と話していました。

■5/12株式会社宮崎放送(MRT)との包括的パートナーシップ協定 地域活性化につなげる
市役所で「えびの市と株式会社宮崎放送との包括的パートナーシップ協定締結式」が行われました。
これは、市と株式会社宮崎放送がさまざまな分野で連携し、市民サービスの向上と地域活性化につなげることを目的に締結したものです。
同社の牧巌代表取締役社長は、「えびの市が元気になるようなお手伝いができればと思っています」とあいさつしました。

■5/26株式会社ファスえびの本社センター新築工事起工式 建設工事に着手
市国際交流センター隣接地で「株式会社ファスえびの本社センター新築工事起工式」が行われました。同社は、愛知県小牧市で青果物の梱包や配送などを行っている株式会社CPフーズがえびの市に設立した企業です。
同式には、関係者約40人が参加しました。同社の木下太一郎代表取締役は、「操業開始後は、えびの市のためにも、事業に精いっぱい取り組みたいです」とあいさつしました。

■5/26自衛官募集相談員委嘱状交付式 自衛官確保に協力
市役所で「自衛官募集相談員委嘱状交付式」が行われました。同相談員は、市長と自衛隊宮崎地方協力本部長の連名により委嘱され、自衛官志願者に関する情報提供を行います。また、自衛隊地方協力本部が行う募集のための広報活動に関する援助・協力を行います。
委嘱を受けたのは、木下信義さん、園田軍志さん、松葉一弘さん、藏園晴美さんの4人で、任期は2年間です。

■5/26父の日花束贈呈 感謝の思いを込めて
えびの市地域婦人連絡協議会の代表4人が、6月19日の父の日に合わせて、市長と教育長に花束を贈呈しました。これは、同協議会が市長と教育長をえびの市のお父さんと見立て、昭和49年から行っているものです。
同協議会の上原聖会長は、「いつも市のために働いてくれているお二人に日頃の感謝を込めて花束を贈りました。これからも頑張ってください」と話していました。

■5/26宮崎ねんりんピック2022弓道大会優勝報告 初めての優勝の喜びを報告
宮崎県弓道連盟えびの支部の山並フクエさんが宮崎ねんりんピック2022弓道大会女子の部で優勝したことを市長に報告しました。大会は、5月15日に宮崎市で行われ、女子の部には27人が参加していました。
山並さんは、「優勝すると思っていなかったので、自分でもびっくりです。弓道は、長く続けられるスポーツなので、今後も頑張っていきたいです」と話していました。

■5/27みやざき県民総合スポーツ祭えびの市選手団結団式 日頃の練習の成果を発揮
市文化センターで「みやざき県民総合スポーツ祭えびの市選手団結団式」が行われました。同式には、出場する16競技、約100人が参加しました。
選手団を代表し、ソフトテニス競技に出場する森高初さんが「日頃の練習の成果と親睦による団結力で、正々堂々プレーし、一つでも多くの勝利をえびのに持ち帰ることを誓います」と宣誓しました。

■5/28えびの市史談会創立50周年記念式典 1年越しの節目を祝う
JAえびの市本店で「えびの市史談会創立50周年記念式典」が行われました。同会は、昨年創立50周年を迎えました。式典では、亀澤矗幸会長が、「今後も市民の皆さんと一緒になって、史談会の発展に尽くします」と話しました。
式典後には、鹿児島民俗学会幹事の出村卓三さんを講師に招き、「えびの市の郷土芸能~そのルーツを探る~」という演題で講演が行われました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU