文字サイズ
自治体の皆さまへ

『大田原安心予算』を編成!令和4年度当初予算の概要(2)

5/47

栃木県大田原市

■よいち家・1か月の家計簿
家庭の家計と市の財政では、規模もお金の使い道も違うため、単純に比較はできませんが、令和4年度一般会計当初予算(310億1,100万円)を、県内で平均的とされる年収460万円(1か月あたり38万円)の世帯に例えてみました。
収入面では、市税や国税、県税として集められた税の地方への配分は増額となっているため「親からの援助(地方交付税・国県支出金など)」が増加しています。新型コロナウイルス感染症の影響によりパート収入(使用料など)は減額しています。また、前年度に引き続き財政調整基金からの繰入れは行いませんでしたが、「貯金の取り崩し(基金繰入など)」が増加しています。支出面で「家族の医療費(扶助費)」が増加し、「家・車などの修理・買い替え(普通建設事業費など)」が増加した一方、広域クリーンセンター大田原、共同一般廃棄物最終処分場整備事業負担金の減額により「知人への援助など(補助費など)」が大幅に減少しています。

▽入ってくるお金合計 38万円
給料(市税):12万9千円(+2千円)
パート収入(使用料など):7千円(△1千円)
親からの仕送り(地方交付税・補助金など):20万4千円(+5千円)
貯金の取り崩し(繰入金):5千円(+1千円)
借金(市債):1万6千円(△8千円)
その他:1万9千円(+1千円)

▽使うお金合計 38万円
食費(人件費):6万4千円(△2千円)
家族の医療費(扶助費):9万3千円(+2万8千円)
ローンの返済(公債費):4万4千円(△2千円)
光熱水費などの雑費(物件費など):5万5千円(△1万円)
知人への援助費など(補助費など):7万4千円(△2万円)
家・車などの修理・買い替え(普通建設事業費など):2万円(+5千円)
子どもたちへの仕送り(繰出金):2万2千円(±0千円)
貯金や知人への貸付など(貸付金・積立金など):8千円(+1千円)
( )内は前年度比

問合せ:財政課 本庁舎6階
【電話】23-8797

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU