文字サイズ
自治体の皆さまへ

コラム~見つけました ささえ愛~Vol.9

14/47

栃木県大田原市

■ミソハギロード(金田地区)
皆さまは「ミソハギ」という花を知っていますか。
巻川沿いのミソハギロードでは、地元の自治会がペットボトル回収で資金調達をしたり、有志でつくる「みそはぎ会」の皆さまがほぼ一年を通して草取りや剪定などの手入れをしたりして、大切にミソハギを育てています。年2回程度、地元の中学生も清掃や刈り込み作業に参加します。夏になると約10万本の紫色の花が川に沿って帯状に伸び、道行く人の目を楽しませます。
「ミソハギは長くなりすぎるので、6月の中旬から下旬にかけて頂上部分を10~20センチ程切り戻しします。こうすると脇芽から花が増え、倒伏防止にもなります」と、「みそはぎ会」代表の徳原さんに秘訣を聞きました。
見ごろは8月中旬~9月中旬ごろ、今から楽しみですね。
※「ミソハギロード」では、季節によって、イワダレソウ(初夏から秋にかけて開花)や芝桜(5月上旬頃より開花)も見られます。

問合せ:大田原市社会福祉協議会 A別館
【電話】23-1130

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU