文字サイズ
自治体の皆さまへ

〔特集〕道を拓(ひら)く/小美玉ふるさと食品公社30周年(1)

1/21

茨城県小美玉市

■今月の表紙
学校給食で親しまれ、ふるさとの味になっている「おみたまヨーグルト」。創業当時から作っているベテランの川崎さん・木内さん・七字さん・鈴木さんの4人は「会社がこんなに大きく成長するとは感慨深い」「良い仲間に恵まれて30年続けてこられた」と笑顔で話してくれました。

幾重もの苦境を乗り越え、全国に名が知られるようになった「おみたまヨーグルト」。
次々と打ち出される新商品。栄えある受賞。企業やプロスポーツクラブとのコラボレーション。成長の原動力には、この地に酪農を拓いた挑戦者たちの教え「道を拓く」が、脈々と受け継がれていました。
土・牛・人の共生」を掲げ、アカノッポと呼ばれた痩せた土を乳牛の堆肥によって肥沃な土壌に変えるため、この地に酪農を広めた外之内光男氏。その著書である「道を拓く」には、持続可能な地域づくりのために土壌改良に情熱を注いだ歴史と、さらなる成長のため、「生乳をヨーグルトに加工・ブランド化し、地域の旗印として掲げる」という未来へ向けた想いが書かれています。
第三セクター⦅※⦆小美玉ふるさと食品公社が誕生して30年。近年では、東日本大震災の風評被害や、新型コロナウイルス感染拡大による影響などの危機に見舞われましたが、苦境を乗り越えてきた背景には、「道を拓く」チャレンジ精神が息づいていました。

■小美玉ふるさと食品公社
1991年、美野里町、美野里酪農業協同組合、農協を株主とした第三セクターとして設立。2014年に空のえき
そ・ら・ら内に乳製品工場を移転し現在の社名に変更。社員39人。主力商品は、「おみたまヨーグルト」。
地元産の果物を使ったヨーグルトや、アイスクリーム、プリンも製造。アンチエイジング効果が期待できる機能性ヨーグルトも開発。
近年は様々な相手とのコラボ商品も手掛けている。茨城おみやげ大賞でのむヨーグルト福来みかんが最高金賞を受賞。でせ~るふらんが大賞、おみたまヨーグルトが入賞。
茨城デザインセレクションで3度選定。

□何度も訪れた危機乗り越えて30年
小美玉ふるさと食品公社社長額賀茂樹さん
創業時、販売先が無い苦労を味わい、正直ここまでの売上になるとは想像できませんでした。社長就任後も、何度も危機に見舞われましたが、新たな挑戦をして乗り越えてきました。
今後も「道を拓く」心を忘れず、挑戦し続けていきます。

□地域の後押しに感謝さらなる高みを
茨城県酪農業協同組合連合会長/美野里酪農業協同組合長/小美玉ふるさと食品公社副社長朝倉実行さん
「小美玉と言えばヨーグルト」と認知されるようになったことは、市や市民の皆さんによる後押しのおかげ。酪農家の一人として感謝しています。さらなる高みを目指して、酪農家は高品質の生乳を供給し、食品公社はさらなる増益を図ることが、地域への恩返しになると考えます。

■「コレおいしい!」その一言が最高にうれしい
30年間変わらない味を守り続けるおみたまヨーグルト。一方で、果物とのコラボ商品やパッケージコラボ商品など、豊富な種類と新商品開発のスピードはご当地ヨーグルト業界の中でも群を抜いています。アイスも、高校生や県内外の自治体や企業からの依頼で200種類を超える商品を製造。攻め続ける小美玉ふるさと食品公社の6人にインタビューしました。
川並:ヨーグルトの味を決める調合を担当しています。気象条件によって変わるため、ヨーグルトの味を変えないことがとても難しいです。数値でも図りますが、最後に決めるのは自分の舌。発酵をどこで止めるかが、味の決め手です。お客様から直接「おいしい」という声をいただいた時が最高にうれしいです。
山室:梅や金柑が丸ごと入ったヨーグルトは、一つひとつ手作業で。他にも手作業が必要な商品が多いので、品質を一定にするため全員の意識を上げる声かけをしています。近年、製造量が増えていて、とても嬉しいです。
大谷:ヨーグルトの仕込みから充てんまで、作業の進め方や温度管理、衛生面など、気を配ることが多い仕事です。新商品の開発、機械の扱い方など、ヨーグルトに関する知識をさらに深掘りしたいです。
西村:品質管理担当として、製品の検査を行っています。従業員の健康状態が製品の品質管理に影響するので、そのチェックもします。イベント出店は、お客様の声を直接聞ける大切な機会。「いつも飲んでるよ」との声がうれしいです。
吉田:小美玉ふるさと食品公社の可能性を感じて入社しました。アイスとプリンの製造を担当しています。新商品開発を自由にやらせてくれるので、やりがいを感じています。普段からあちこちにヒントがないか情報収集。つい成分表を見て分析してしまいます。
木村:子どもの頃の夢の一つが「オリジナル商品をつくること」。みんなと新商品開発ができている今、夢が叶っています。商品は人が生み出すので、いかに意欲を高めるかを大切にしています。若い子たちに「おもしろそう」「興味深い」と思ってもらえる会社にしていきたいです。

□KID’SVOICE
たかだしえりちゃん(5さい)・たかだとありちゃん(2さい)
「おみたまヨーグルトだいすき!いつもこれ~!」

さがわかいしゅうさん(小6)さがわれんじさん(小4)さがわとうしんちゃん(3さい)
「給食でヨーグルト飲んでます!いちご味おいしかった!」

うえたはるきちゃん(2さい)
「これいちばんしゅき~」

つかもとほのかちゃん(4さい)つかもとはじめちゃん(2さい)
「ソフトクリームたべによくくるよ~」

さがわつかさちゃん(4さい)さがわりまちゃん
「おばあちゃんちのかえりにソフトクリームたべるの~」

いいづかともかちゃん(5さい)いいづかはるかちゃん(3さい)
「おみたまソフトクリームだいすき!」

■どれが売れてる?商品販売数ベスト10
※2020年度実績
1位:おみたまヨーグルトドリンク130ml
2位:梅andヨーグルトカップ100g
3位:ゆずとハチミツののむヨーグルトドリンク130ml
4位:金柑andヨーグルトカップ100g
5位:ゆずandヨーグルトカップ100g
6位:そ・ら・らヨーグルトカップ85g
7位:ブルーベリーandヨーグルトカップ100g
8位:でせ~るふらんプリン80g
9位:のむヨーグルトブルーベリードリンク180ml
10位:おみたまヨーグルト500ml

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU