文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの伝言板・1

9/17

北海道訓子府町

■町民課
◇償却資産の申告を
土地・家屋以外の事業用資産で、その減価償却額が所得の計算上、損金または必要経費に算入できるものは、償却資産として固定資産税の対象になります。
1月1日現在、償却資産をお持ちの方や事業所などは、1月31日(月)までに申告してください。
問合せ:町民課資産税係

◇夜間納税相談および収納窓口開設のお知らせ
日中、仕事などの都合により、納税相談や納付に出向くことが難しい方に、次のとおり夜間納税相談および収納窓口を開設します。
収納窓口では税のほか、使用料など(町に関係するものに限ります)も納付することができます。
日時:1月12日(水)・2月9日(水)17時30分~20時
場所:町民課窓口

◇所得税などの確定申告のお知らせ
令和3年分所得税及び復興特別所得税の確定申告の相談および申告書の受け付けが、2月16日(水)から始まります。(還付申告の受け付けは、1月5日(水)から)
贈与税の申告の受け付けは、2月1日(火)から始まります。
所得税・贈与税などの申告の相談および申告書の受け付けは3月15日(火)まで、所得税・地方消費税(個人事業者)の確定申告の相談および申告書の受け付けは3月31日(木)までです。
申告書は前年の「確定申告書の控え」や「確定申告の手引き」などを参考に、自分で作成し、早めに提出してください。
税務署の申告相談会場にお越しの際には、印鑑、前年の確定申告書などの控え、使い慣れた計算器具や筆記具をご持参ください。
申告時に必要なもの:源泉徴収票、前年中(令和3年1月1日~12月31日)に支払った国民健康保険税・介護保険料・生命保険料などの領収書または控除証明書、印鑑、銀行名および本支店または郵便局の口座が分かるもの、マイナンバーと本人確認書類(運転免許証など)

▼医療費控除の提出書類が簡略化されました
従来、確定申告で医療費控除の適用を受けるときは、医療費の領収書を添付していましたが、平成29年分の確定申告から、領収書の添付に代わり「医療費控除の明細書」に医療を受けた人ごと、病院・薬局ごとに医療費の合計を記載して提出することで、領収書の添付が不要となりました。
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で、医療費控除の明細書を作成することができますので、ぜひご利用ください。
医療保険者から交付を受けた医療費通知(「医療費のお知らせ」など)を添付すると明細書の記入を省略できます。
※医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があります。(税務署から求められたときは、提示または提出しなければなりません)

問合せ:北見税務署個人課税第1部門
【電話】23-7151

問合せ:町民課(役場1階窓口1番)
【電話】47-2203
・税の関係【電話】47-2193

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU