文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和2年度の決算状況

3/17

北海道訓子府町

■貴重な財源をこのように使いました
町では、皆さんから納めていただいた町民税・固定資産税などの町税や国・道からの補助金、地方交付税などで住みよいまちづくりを進めています。
令和2年度各会計の決算状況は表1のとおりです。水道会計を除く5会計の歳入総額は、前年度15.6%増の72億5,841万円、歳出総額は同14.4%増の70億4,879万円となっています。
一般会計の歳入と歳出の決算内訳は表2のとおりとなっています。歳入総額のうち地方交付税が40.7%、町債が6.0%を占めており、歳出では農業基盤整備事業や橋りょう長寿命化修繕事業、町道舗装修繕事業などの投資的経費が15.1%を占めています。
水道会計を除く5会計の収支差し引き額2億962万円のうち、1億75万円は、将来の財政運営に充てるため積み立てをしています。
【表1】各会計決算額(単位:万円)

※端数整理の関係で、合計が合わない場合があります。
【表2】一般会計の決算内訳
【歳入】(単位:万円、%)

【歳出】

▽令和2年度の主な投資的事業(一般会計)(単位:万円)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU